ジュクサガス

該当の塾ブログ1〜10件(全4400件中)

中学1年生 英語を勉強しましょう。   今日勉強するのは… be動詞の 肯定文、否定文、疑問文です。   新出事項の目白押しなので M君、S君 なかなかに面食らっています。 でも、さすがです。 習いたての文法を駆使して 文を組み立てていきます。   学校では、今 ローマ字などの学習で 本格的な英語の勉強は まだ始まっていないそうです。 今日は悠々舎で だいぶ先取りができましたね!

悠々舎中野本校

〒164-0001 東京都中野区中野5-3-24 ヴァドール3F
ブログ全文を読む

オリエンテーション等が一通り終わり、東武個別生が通う学校での新学年の授業が、本格的に始まりました。 特に、小学生から中学生・中学生から高校生になった生徒さんたちにとっては、 生活も環境も新しくなり、緊張の中での授業スタートとなるわけですが、 東武個別生は前もって十分に予習をしてあるので、余裕をもって授業に臨むことができています。   3期制の学校では、最初の定期テストまであと1ヶ月もありません。 「そろそろ本気で勉強を始めなければ!」 とお考えの皆さん、東武個別で勉強してみませんか? いきなり通塾することに抵抗のある中学生の方は、まずは「自習」から始めてみるのも良いかもしれません。 お問合せ(03-3888-1804)、お待ちしています!   【ミサワ】

東武予備校 個別指導部

〒120-0034 東京都足立区千住2-43 ぶっくらんど4階
ブログ全文を読む

いつもお世話になっております。   雨が続きますね・・・来週は通常授業がお休みになりますのでゆっくりお休みください。   最近の教室の様子をお伝えいたします。   (小学生) ・4月にご入塾された生徒さんが英語しか話すことができません。図らずも私の英会話力が日々向上しております。小学生時代にオーストラリアに住んでいたとはいえ、さすがに昔のことですから良いリハビリになっております。   日本語で話しかけることも大切だと思います。しかし小学校で「何を言っているのかわからない」「言いたいことが伝えられない」という状態が続いているでしょうから「話したい」という欲求に対する息抜きも必要だと考えております。   木曽中学校の生徒さんたちが彼に英語で話しかけてくれていました。積極的でいいですね!相乗効果を期待しております。     ・5年生の国語は敬語の予習をしております。尊敬語とけんじょう語の区別の仕方をはっきり伝えることが大切です。   時代劇でなぜか複数の矢が刺さった状態で武士が駆け込んできますよね。冷静に考えますと、あり得ないと思いますが「殿!申し上げまーす!」と走ってきます。あれは自分が「言う」ことなので「けんじょう語」になります。インパクトは大事ですよね。     ・6年生の生徒さんは分数のわり算を予習しております。わり算はかけ算に直して逆数で計算しますが、最初の頃はわられる数を逆数にするようなミスが多いと思います。   また、度数分布の問題も複合的になっており、わり算のひっ算をした後、がい数を求められないと正解できないので積み上げが大切です。     (中学生) ・中学1年生の生徒たちは英単語やbe動詞・一般動詞の学習に取り組んでおります。数学では正負の数という最初の難関に立ち向かっております。   ここ10年くらいでしょうか、-2+(-5)のような計算が出来ない生徒が激増しています。この後、文字を使った式に入りますと、x-3xの計算を理解するのにしばらく時間がかかります。良く言えば、子供たちの発想はたいへん豊かで、様々な答えが出てきます。   ・中学2年生の生徒たちは数学で苦戦しております。式の計算は正負の数の加減法・乗法や除法を踏まえたものですので、中学1年生で躓いてきた生徒さんにとってケアレスミスをするポイントがたくさんございます。   先日、生徒のために小さなカードを作りました。それは加減法と乗法・除法の符号のルールです。そのカードを確かめながら問題を解いており、徐々にミスも減ってきました。ただ、定期テストで見ないよう話しております。   ・中学3年生の一部の生徒は社会の補習で教室に呼んでおりますが、山崎中学校は今明治維新で忠生中学校は江戸末期の天保の改革あたりでしょうか。1800年代はイギリスがアヘン戦争で清王朝に大ダメージを与えており、まさに欧米列強がアジアを侵略し始めた頃です。   だからこそ、日本も侵略されないよう色々と対策を講じて、それが薪水給与令、開国、尊王攘夷運動、明治維新へと繋がっていきました。皆さん、縄文時代から昭和まで時代順に言えますか?言えないと受験に対応できませんよ!!!今年の生徒は結構言える生徒が多い気がします。優秀ですね!忠生教室の中3生の受け入れはあと1名です。     (高校生) ・高校1年生の生徒たちは新しい環境にも適応し、新しい友達もできたようです。私にとって、それが一番嬉しいことです。皆クラス分けテストでは上位らしいです。セルモの生徒はい毎年優秀です。     現在は高校部のブロードバンド予備校で関係代名詞のおさらいと感嘆文を進めております。やはり基礎文法用語が大切で、名詞の場合はWhat、形容詞の場合はHowを使い、その後主語(Subject)と動詞(Verb)の順になるというように説明しております。   ・高校2年生は数Ⅱの整式の割り算から定期テストに向けて学習していただきます。やはり中学校からの積み上げが大切です。わり算の筆算ができなければ、もちろん解くことができません。F(x)=G(x)Q(x)+R(x)は難しそうに見えますが、恐れずチャレンジ!     (最後に) なぜ勉強するのか、という問いは大きなテーマです。中国の隋王朝から始まった「科挙」という役人登用制度が今の受験に繋がっていると考えます。ただ、それだけが目標になってはいけないと思います。   私の願いは、将来仕事についた時、物事を柔軟に考え、主体的に行動し、真面目に楽しく生きて、ブラック企業のような社会の闇に子供たちが向かわないことです。

個別学習のセルモ町田鶴川教室

〒195-0063 東京都町田市野津田町1058 富士見ビル102号 個別学習のセルモ 町田鶴川教室
ブログ全文を読む

今年度初の4月度模擬試験を実施しました。 個別学習のセルモ町田では、塾用教材大手の育伸社さんの模擬試験を実施しています。   育伸社HP https://www.ikushin.co.jp/   問題レベル的には、標準的な模擬試験となります。   V模擬やW模擬は少し簡単ですね。模擬試験によって難易度の差は結構あり、単純に点数や偏差値だけで判断してはいけない難しさがあります。   セルモ町田は都立受験をする生徒さんが多いので、都立の試験自体が難しいので、V模擬やW模擬だと勘違いをしてしまう生徒さんも多く今のところ採用していません。 さて、今年度初の模擬試験、多くの生徒さんに受験頂きました。 昨日・今日(提出期限は24日水曜日22:00まで)と提出頂いた順に採点を進めていますが、今回が初の模擬試験の生徒さんは結構ビックリする点数を取ってしまい、驚く生徒さんもいらっしゃるかもしれません。 まず、模擬試験というのは学校の定期テストと違い、今まで習った全範囲から出題されるので、過去の範囲を覚えていない生徒さんはどうしても点数が取れません。 解答用紙提出時に、「解答集・実力強化問題集」をお渡ししましたので、まずは自己採点を実施し、間違えた問題は解き直して下さい。また、社会や理科は自分の弱い範囲の教科書を読み直すなどの復習も有効ですので、是非実施して下さい。 その後、実力強化問題集で仕上げ・確認をします。当然、こちらも間違えた問題は上記と同じ対応をお願いします。自宅で保護者さんが声を掛けても生徒さんが実施しない場合は、教室につれてきて下さい。教室でやってもらいます。   初めての模擬試験は仕方ないと思いますが、模擬試験の回数を重ねた結果、点数が取れる生徒さんと取れない生徒さんの違いは、こういった丁寧なプロセスが実行出来ているかどうかです。   また、普段の学校の授業でも、学校の授業前後での予習・復習をしているか、そういう違いも如実に現れます。   やはり学習時間・繰り返しの回数=成績ですからね。 他にも、数学の計算問題は、普段からセルモの授業でも申し上げている通り、丁寧に問いてください。今回も符号ミスや、問題の指示に従った解答になっていないなど、もったいない間違いを沢山目にしました。 途中式を飛ばして暗算をしても、中学生レベルの問題は解けないです。   今回模擬試験を受験された生徒さんは、こういった点をしっかり認識し、自分と向き合った勉強に取り組みましょう!   特に中学生は、この積み重ねが受験に効いてきますよ!!

個別学習のセルモ町田鶴川教室

〒195-0063 東京都町田市野津田町1058 富士見ビル102号 個別学習のセルモ 町田鶴川教室
ブログ全文を読む

いつもお世話になっております。   雨が続きますね・・・来週は通常授業がお休みになりますのでゆっくりお休みください。   最近の教室の様子をお伝えいたします。   (小学生) ・4月にご入塾された生徒さんが英語しか話すことができません。図らずも私の英会話力が日々向上しております。小学生時代にオーストラリアに住んでいたとはいえ、さすがに昔のことですから良いリハビリになっております。   日本語で話しかけることも大切だと思います。しかし小学校で「何を言っているのかわからない」「言いたいことが伝えられない」という状態が続いているでしょうから「話したい」という欲求に対する息抜きも必要だと考えております。   木曽中学校の生徒さんたちが彼に英語で話しかけてくれていました。積極的でいいですね!相乗効果を期待しております。     ・5年生の国語は敬語の予習をしております。尊敬語とけんじょう語の区別の仕方をはっきり伝えることが大切です。   時代劇でなぜか複数の矢が刺さった状態で武士が駆け込んできますよね。冷静に考えますと、あり得ないと思いますが「殿!申し上げまーす!」と走ってきます。あれは自分が「言う」ことなので「けんじょう語」になります。インパクトは大事ですよね。     ・6年生の生徒さんは分数のわり算を予習しております。わり算はかけ算に直して逆数で計算しますが、最初の頃はわられる数を逆数にするようなミスが多いと思います。   また、度数分布の問題も複合的になっており、わり算のひっ算をした後、がい数を求められないと正解できないので積み上げが大切です。     (中学生) ・中学1年生の生徒たちは英単語やbe動詞・一般動詞の学習に取り組んでおります。数学では正負の数という最初の難関に立ち向かっております。   ここ10年くらいでしょうか、-2+(-5)のような計算が出来ない生徒が激増しています。この後、文字を使った式に入りますと、x-3xの計算を理解するのにしばらく時間がかかります。良く言えば、子供たちの発想はたいへん豊かで、様々な答えが出てきます。   ・中学2年生の生徒たちは数学で苦戦しております。式の計算は正負の数の加減法・乗法や除法を踏まえたものですので、中学1年生で躓いてきた生徒さんにとってケアレスミスをするポイントがたくさんございます。   先日、生徒のために小さなカードを作りました。それは加減法と乗法・除法の符号のルールです。そのカードを確かめながら問題を解いており、徐々にミスも減ってきました。ただ、定期テストで見ないよう話しております。   ・中学3年生の一部の生徒は社会の補習で教室に呼んでおりますが、山崎中学校は今明治維新で忠生中学校は江戸末期の天保の改革あたりでしょうか。1800年代はイギリスがアヘン戦争で清王朝に大ダメージを与えており、まさに欧米列強がアジアを侵略し始めた頃です。   だからこそ、日本も侵略されないよう色々と対策を講じて、それが薪水給与令、開国、尊王攘夷運動、明治維新へと繋がっていきました。皆さん、縄文時代から昭和まで時代順に言えますか?言えないと受験に対応できませんよ!!!今年の生徒は結構言える生徒が多い気がします。優秀ですね!忠生教室の中3生の受け入れはあと1名です。     (高校生) ・高校1年生の生徒たちは新しい環境にも適応し、新しい友達もできたようです。私にとって、それが一番嬉しいことです。皆クラス分けテストでは上位らしいです。セルモの生徒はい毎年優秀です。     現在は高校部のブロードバンド予備校で関係代名詞のおさらいと感嘆文を進めております。やはり基礎文法用語が大切で、名詞の場合はWhat、形容詞の場合はHowを使い、その後主語(Subject)と動詞(Verb)の順になるというように説明しております。   ・高校2年生は数Ⅱの整式の割り算から定期テストに向けて学習していただきます。やはり中学校からの積み上げが大切です。わり算の筆算ができなければ、もちろん解くことができません。F(x)=G(x)Q(x)+R(x)は難しそうに見えますが、恐れずチャレンジ!     (最後に) なぜ勉強するのか、という問いは大きなテーマです。中国の隋王朝から始まった「科挙」という役人登用制度が今の受験に繋がっていると考えます。ただ、それだけが目標になってはいけないと思います。   私の願いは、将来仕事についた時、物事を柔軟に考え、主体的に行動し、真面目に楽しく生きて、ブラック企業のような社会の闇に子供たちが向かわないことです。

個別学習のセルモ町田木曽教室

〒194-0036 東京都町田市木曽東1-36-15 萬両ビル2階
ブログ全文を読む

今年度初の4月度模擬試験を実施しました。 個別学習のセルモ町田では、塾用教材大手の育伸社さんの模擬試験を実施しています。   育伸社HP https://www.ikushin.co.jp/   問題レベル的には、標準的な模擬試験となります。   V模擬やW模擬は少し簡単ですね。模擬試験によって難易度の差は結構あり、単純に点数や偏差値だけで判断してはいけない難しさがあります。   セルモ町田は都立受験をする生徒さんが多いので、都立の試験自体が難しいので、V模擬やW模擬だと勘違いをしてしまう生徒さんも多く今のところ採用していません。 さて、今年度初の模擬試験、多くの生徒さんに受験頂きました。 昨日・今日(提出期限は24日水曜日22:00まで)と提出頂いた順に採点を進めていますが、今回が初の模擬試験の生徒さんは結構ビックリする点数を取ってしまい、驚く生徒さんもいらっしゃるかもしれません。 まず、模擬試験というのは学校の定期テストと違い、今まで習った全範囲から出題されるので、過去の範囲を覚えていない生徒さんはどうしても点数が取れません。 解答用紙提出時に、「解答集・実力強化問題集」をお渡ししましたので、まずは自己採点を実施し、間違えた問題は解き直して下さい。また、社会や理科は自分の弱い範囲の教科書を読み直すなどの復習も有効ですので、是非実施して下さい。 その後、実力強化問題集で仕上げ・確認をします。当然、こちらも間違えた問題は上記と同じ対応をお願いします。自宅で保護者さんが声を掛けても生徒さんが実施しない場合は、教室につれてきて下さい。教室でやってもらいます。   初めての模擬試験は仕方ないと思いますが、模擬試験の回数を重ねた結果、点数が取れる生徒さんと取れない生徒さんの違いは、こういった丁寧なプロセスが実行出来ているかどうかです。   また、普段の学校の授業でも、学校の授業前後での予習・復習をしているか、そういう違いも如実に現れます。   やはり学習時間・繰り返しの回数=成績ですからね。 他にも、数学の計算問題は、普段からセルモの授業でも申し上げている通り、丁寧に問いてください。今回も符号ミスや、問題の指示に従った解答になっていないなど、もったいない間違いを沢山目にしました。 途中式を飛ばして暗算をしても、中学生レベルの問題は解けないです。   今回模擬試験を受験された生徒さんは、こういった点をしっかり認識し、自分と向き合った勉強に取り組みましょう!   特に中学生は、この積み重ねが受験に効いてきますよ!!

個別学習のセルモ町田木曽教室

〒194-0036 東京都町田市木曽東1-36-15 萬両ビル2階
ブログ全文を読む

いつもお世話になっております。   雨が続きますね・・・来週は通常授業がお休みになりますのでゆっくりお休みください。   最近の教室の様子をお伝えいたします。   (小学生) ・4月にご入塾された生徒さんが英語しか話すことができません。図らずも私の英会話力が日々向上しております。小学生時代にオーストラリアに住んでいたとはいえ、さすがに昔のことですから良いリハビリになっております。   日本語で話しかけることも大切だと思います。しかし小学校で「何を言っているのかわからない」「言いたいことが伝えられない」という状態が続いているでしょうから「話したい」という欲求に対する息抜きも必要だと考えております。   木曽中学校の生徒さんたちが彼に英語で話しかけてくれていました。積極的でいいですね!相乗効果を期待しております。     ・5年生の国語は敬語の予習をしております。尊敬語とけんじょう語の区別の仕方をはっきり伝えることが大切です。   時代劇でなぜか複数の矢が刺さった状態で武士が駆け込んできますよね。冷静に考えますと、あり得ないと思いますが「殿!申し上げまーす!」と走ってきます。あれは自分が「言う」ことなので「けんじょう語」になります。インパクトは大事ですよね。     ・6年生の生徒さんは分数のわり算を予習しております。わり算はかけ算に直して逆数で計算しますが、最初の頃はわられる数を逆数にするようなミスが多いと思います。   また、度数分布の問題も複合的になっており、わり算のひっ算をした後、がい数を求められないと正解できないので積み上げが大切です。     (中学生) ・中学1年生の生徒たちは英単語やbe動詞・一般動詞の学習に取り組んでおります。数学では正負の数という最初の難関に立ち向かっております。   ここ10年くらいでしょうか、-2+(-5)のような計算が出来ない生徒が激増しています。この後、文字を使った式に入りますと、x-3xの計算を理解するのにしばらく時間がかかります。良く言えば、子供たちの発想はたいへん豊かで、様々な答えが出てきます。   ・中学2年生の生徒たちは数学で苦戦しております。式の計算は正負の数の加減法・乗法や除法を踏まえたものですので、中学1年生で躓いてきた生徒さんにとってケアレスミスをするポイントがたくさんございます。   先日、生徒のために小さなカードを作りました。それは加減法と乗法・除法の符号のルールです。そのカードを確かめながら問題を解いており、徐々にミスも減ってきました。ただ、定期テストで見ないよう話しております。   ・中学3年生の一部の生徒は社会の補習で教室に呼んでおりますが、山崎中学校は今明治維新で忠生中学校は江戸末期の天保の改革あたりでしょうか。1800年代はイギリスがアヘン戦争で清王朝に大ダメージを与えており、まさに欧米列強がアジアを侵略し始めた頃です。   だからこそ、日本も侵略されないよう色々と対策を講じて、それが薪水給与令、開国、尊王攘夷運動、明治維新へと繋がっていきました。皆さん、縄文時代から昭和まで時代順に言えますか?言えないと受験に対応できませんよ!!!今年の生徒は結構言える生徒が多い気がします。優秀ですね!忠生教室の中3生の受け入れはあと1名です。     (高校生) ・高校1年生の生徒たちは新しい環境にも適応し、新しい友達もできたようです。私にとって、それが一番嬉しいことです。皆クラス分けテストでは上位らしいです。セルモの生徒はい毎年優秀です。     現在は高校部のブロードバンド予備校で関係代名詞のおさらいと感嘆文を進めております。やはり基礎文法用語が大切で、名詞の場合はWhat、形容詞の場合はHowを使い、その後主語(Subject)と動詞(Verb)の順になるというように説明しております。   ・高校2年生は数Ⅱの整式の割り算から定期テストに向けて学習していただきます。やはり中学校からの積み上げが大切です。わり算の筆算ができなければ、もちろん解くことができません。F(x)=G(x)Q(x)+R(x)は難しそうに見えますが、恐れずチャレンジ!     (最後に) なぜ勉強するのか、という問いは大きなテーマです。中国の隋王朝から始まった「科挙」という役人登用制度が今の受験に繋がっていると考えます。ただ、それだけが目標になってはいけないと思います。   私の願いは、将来仕事についた時、物事を柔軟に考え、主体的に行動し、真面目に楽しく生きて、ブラック企業のような社会の闇に子供たちが向かわないことです。

個別学習のセルモ町田忠生教室

〒194-0035 東京都町田市忠生1-21-8 アーバンライフ町田105号
ブログ全文を読む

今年度初の4月度模擬試験を実施しました。 個別学習のセルモ町田では、塾用教材大手の育伸社さんの模擬試験を実施しています。   育伸社HP https://www.ikushin.co.jp/   問題レベル的には、標準的な模擬試験となります。   V模擬やW模擬は少し簡単ですね。模擬試験によって難易度の差は結構あり、単純に点数や偏差値だけで判断してはいけない難しさがあります。   セルモ町田は都立受験をする生徒さんが多いので、都立の試験自体が難しいので、V模擬やW模擬だと勘違いをしてしまう生徒さんも多く今のところ採用していません。 さて、今年度初の模擬試験、多くの生徒さんに受験頂きました。 昨日・今日(提出期限は24日水曜日22:00まで)と提出頂いた順に採点を進めていますが、今回が初の模擬試験の生徒さんは結構ビックリする点数を取ってしまい、驚く生徒さんもいらっしゃるかもしれません。 まず、模擬試験というのは学校の定期テストと違い、今まで習った全範囲から出題されるので、過去の範囲を覚えていない生徒さんはどうしても点数が取れません。 解答用紙提出時に、「解答集・実力強化問題集」をお渡ししましたので、まずは自己採点を実施し、間違えた問題は解き直して下さい。また、社会や理科は自分の弱い範囲の教科書を読み直すなどの復習も有効ですので、是非実施して下さい。 その後、実力強化問題集で仕上げ・確認をします。当然、こちらも間違えた問題は上記と同じ対応をお願いします。自宅で保護者さんが声を掛けても生徒さんが実施しない場合は、教室につれてきて下さい。教室でやってもらいます。   初めての模擬試験は仕方ないと思いますが、模擬試験の回数を重ねた結果、点数が取れる生徒さんと取れない生徒さんの違いは、こういった丁寧なプロセスが実行出来ているかどうかです。   また、普段の学校の授業でも、学校の授業前後での予習・復習をしているか、そういう違いも如実に現れます。   やはり学習時間・繰り返しの回数=成績ですからね。 他にも、数学の計算問題は、普段からセルモの授業でも申し上げている通り、丁寧に問いてください。今回も符号ミスや、問題の指示に従った解答になっていないなど、もったいない間違いを沢山目にしました。 途中式を飛ばして暗算をしても、中学生レベルの問題は解けないです。   今回模擬試験を受験された生徒さんは、こういった点をしっかり認識し、自分と向き合った勉強に取り組みましょう!   特に中学生は、この積み重ねが受験に効いてきますよ!!

個別学習のセルモ町田忠生教室

〒194-0035 東京都町田市忠生1-21-8 アーバンライフ町田105号
ブログ全文を読む

こんにちは。 南海高野線「白鷺(しらさぎ)駅」が最寄駅なのに、金岡町内にあるので、移転前の教室名をそのまま使用している、 個別学習指導イマナビ【金岡教室】です。     小学生にとって、宿題は毎日の学習習慣を身につけるためにも重要な役割を果たします。 しかし、子どもが自発的に宿題に取り組むことが難しいと感じている保護者の方も多いかもしれません。 「早く宿題をしなさい!」と毎日言わなくても、自ら宿題を始めるようになるためには、 周囲、特に保護者の方からの効果的な声掛けが重要です。   今回は、小学生の保護者の方に向けて、 小学生のお子さまが自ら宿題をできるようになる保護者の声掛けについてまとめました。   HPコラムもぜひ参考にしてください。

ブログ全文を読む

こんにちは(^^♪ 管理型自習室MUGENです。 5月の開校カレンダーが出来上がりました!   5月3日(金)・5日(日)・12日(日)・25日(土)=終日お休みとさせていただきます。 予めご了承下さい。 ------------------------------------------------------------------------------------------ 〇4/29(月祝)~5/5(日)の開校状況〇 ・4/29(月祝)=13時~22時 ・4/30(火)=13時~22時 ・5/1(水)=13時~22時 ・5/2(木)=13時~22時 ・5/3(金祝)=★終日お休み★ ・5/4(土)=13時~22時 ・5/5(日)=★終日お休み★

管理型自習室MUGEN

〒589-0011 大阪府大阪狭山市半田1丁目649-1
ブログ全文を読む
検索項目を選択
現在地から探す
地域から探す
路線・駅から探す
オンライン塾から探す
条件で検索