ジュクサガスで《お得に入塾する人》続出中

ジュクサガスは通学の公立小中学校・合格実績・実施検定から塾を検索できる全国初の学習塾口コミ情報サイトです!

全員が100点を目指す塾ではありません、一人ひとりの課題を解決する学習塾です

 個別学習塾マイペース 塾ブログ

2018.06.14

こんにちわ河本です。

 

日進中、東中、西中の期末テスト対策始まっております。

 

生徒によっては「家に帰る時間がもったいない」と

 

学校が終わると直接塾に来て最後まで一生懸命テスト勉強に取り組んでいます。

 

しかし、今回は野外学習や修学旅行を挟んでいるのもあって少し全体的に浮かれ気味かな、という印象もあります。

 

例えば、テスト当日に提出する課題ですが、

 

当塾では事前にテスト範囲を予想し、学校の提出の2週間前には完成しているように声を掛けています。

 

 

 

中間テストから一ヶ月しかない、学校行事があるから時間がない。

 

というのもわかります。

 

それでもやってこれる生徒はいますし、出来なかった子のスケジュールを聞いてみたら遊ぶ時間もしっかり確保してあります。

 

それでいて平然と期日を守れなかったことについて何とも思っていない様子が見える生徒もちらほらいましたので、雷が落とされました。

 

そもそも、2週間前の期日では無理だ、という生徒には別の提出期限を設けています、目標は人それぞれですから。

 

何が問題かというと、「やる」といった事が出来なかった事についてなんとも思っていない、という事です。

 

 

この事に関しては、厳しく話をしました。極論「約束を破って平気な顔をしている」と同じ事ですから。

 

そういったピリピリしたテスト対策期間をこなしている中で、教室では授業中に私語をする生徒が全くおらず、ピンと張りつめた集中力で机に向かっています。そんな中学生を見て、いつもは少しざわつく小学生も緊張感を感じて集中力が上がっています。

 

学年別に分けられた教室ではないので、「中学生になるとこんな勉強のやり方になるんだ」と下級生は感じますし、下級生が頑張っているのを見て「自分もしっかりやらないと」とやる気を出す、という事もあります。

 

自分が設定した目標に向けて妥協せずに向かっていけるメンタルを育てるのも塾での大事な仕事なのではないのかと思います。

 

やる、といった事は絶対にやれる様に努力する、この力は将来確実にためになると思います。

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.05.14

こんにちは、瀧田です。

 

先日12日はテスト直前恒例の自習室開校日でした。

この日は無料で教室を開放させていただいていて、当塾の生徒さん以外も利用可能になっています。

毎回たくさんの中学生が利用してくれ、今回も教室がパンパンに埋まっていました。

 

難しい発展問題にチャレンジする子や、何度も同じ問題を解いて暗記する子もいましたし

学校への提出物が終わっていない子はそれに取り組んでおりました。

朝10時からほぼ満席状態で、そのまま夕方17時まで黙々と勉強するお子さんばかりで本当に頭が下がりました。

 

 

 

 

 

我々講師陣はいつも、そんなお子さんたちに今何をするべきかアドバイスをしたり、

問題のわからないところに答えたり、提出物をする上でのちょっとしたコツなどを伝えたりしています。

 

当塾に通ってくれている生徒さんにはもちろんのこと、

自習室だから試しに来てみたというお子さんにも、せっかく塾にわざわざ来たのだから何か伝えられたらなと思っています。

 

例えば、勉強慣れしている人にとっては当然のことかもしれませんが

「問題を解いたらすぐに答え合わせをする」

というとても基本的なことをそもそも知らないお子さんもいらっしゃいます。

 

勉強している様子を見ていると、

「答え合わせはめんどくさいので後回しにして全部一気にやってしまおう。」

と思っているお子さんがとても多いことに気づきます。

 

こうしたお子さんには、問題を解いてすぐに答え合わせをすると

・迷いながら解いた問題のことなどを気にして丸付けすることができる

・間違っていた問題の直しがすぐにできる。

・後回しにしていると、丸付けするころには問題を解いたときのことを忘れてしまっている

→それをまた思い出さないといけなくなって効率が悪い

といったようなことをお伝えしています。

 

納得してすぐにそうしてくれるお子さんもいますし、

後回しにするのが習慣になってしまってなかなか直らないお子さんもいらっしゃいます。

習慣を矯正していくのは時間がかかることだと我々もわかっておりますので

小まめに声かけをさせていただいたり、再度その意図を説明したりするなどをさせていただいております。

これから勉強をする上でのちょっとしたきっかけになってくれていれば幸いです。

 

 

さて、テストまであと3日を切っているこの時期になりますと、新しい問題を解いていくよりは

とにかく繰り返し問題を解いて記憶を定着させていくのがよいです。

新しい知識を入れてもそれも覚えるだけの時間がもうあまりないからです。

ですので、提出物を早めに終わらせるなど、時間に余裕を持てるようなスケジュールを組まさせていただいております。

 

我々講師陣も追い込みのサポートを目いっぱいやらさせていただきます。

一緒にがんばりましょう!

 

 

個別学習塾マイペース 
〒470-0124
日進市浅田町茶園38
浅田区民会館3F
TEL 052-853-9409
HP http://mypacesc.com

mail info@mypacesc.com

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.04.13

こんにちわ、学習塾マイペースです。

 

新学期が始まりました。私たちの塾では[新学期ロケットスタート]をしています。

大体の生徒さんは、中間テストの英語、数学の範囲を終えました。

 

 

というのも、当校の対象中学では非常に課題が多く、しかも自分でペースを考えてこなさないといけないのです。

 

これが非常に足枷になって、テスト直前になっても課題が終わらず復習をする間もなくテスト当日を迎えてしまうという事になりがちです。

 

ですので、先に予習をしておいて、課題が配られたら即やる!ということです。

 

生徒たちは「まだ課題が配られない!」「早くしてほしい!」といった状態です。

まずはロケットスタート。勿論個々ペースは違いますが、中間テストがもう一ヶ月だという事を毎日毎日生徒に言いながら指導をしています。

 

点数が出ればやる気になる生徒もいます。まずは一生懸命努力した事を結果に出してあげられるよう、精一杯サポートしていきます。

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.03.26

春休みに突入していますね。

私たちの塾では、中学生は

①徹底的に復習

②徹底的に予習

 

のどちらかを行っております。

 

徹底的に復習、はもちろん弱点の克服ですね。

大事な事です。

 

 

徹底的に予習というのは、生徒それぞれなのですが、目標が違うわけです。

 

例えば中学3年生になる生徒さんは、内申点を取る必要がありますね。。

 

その時に、復習して地力を高めていくのか、テストで点数が取れる様にテクニックを教えていくのか

 

人それぞれです。1学期の中間テストは点数を取りやすい時期ですので。

 

本当は両方やれるべきなのですが、優先順位をつけて勉強していかないと時間がいくらあっても足りません。

 

自分のお子様が将来どうなりたくて、今何を優先すべきか。

 

生徒さんそれぞれに合わせて勉強プランを変更してきます。

 

まず、ありきは目標。

 

目標が定まっていない時は、まずいろんな高校や、職業などを詳しく調べてみる期間にするのも良いですね。

 

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.03.20

こんにちわ、学習塾マイペースです。

 

全国的に高校受験の合格発表が行われている時期かと思います。

 

今回は合格発表の心構えについてお話出来ればと思います。

 

●そんなに変わらない

 

まず、本当に極論ではありますが。。

 

仮に第一志望が落ちたとします。受験生の皆様は「努力が足りなかった。。」「人生変わった。。」など悲観的に思うかもしれませんが、正直そこまで通う高校によって人生が大きく変わる人はそんなに沢山いないのではないでしょうか。

 

実際問題変わるのは、通う高校が変わるという事だけかと思います。一緒に通いたかった友達は、別に学校が違ったら友達で無くなる訳ではないですし、進学校に落ちたからといって

進学する大学が決まる訳ではなく、その後の自分の頑張り次第ですし、それは専門学校や就職でも同じです。

 

勿論勉強面からすると進学校の方が有利かもしれませんが、別にどこの高校からでもどこの大学でも目指せる訳です。自分の意志一つで今後の人生いくらでも軌道修正する事が出来ます。

 

そこの部活や学校そのものに行きたかったというのもあるかと思いますが、それでは第一志望以外の高校には魅力が一切無いのか、入ってみないと分からないですし、そこで出会った友達が長いつきあいになる事だってあります。

 

落ちた高校にはもう通えないのですから、決まった進路でどれだけ自分が充実した人生を送れるのか、想像した方がとても有益かと思います。

 

 

●そもそも合否は運も沢山ある

「もっとがんばれば良かった。。」「あんなに勉強したのに。。」と落ち込む生徒さんもいらっしゃるかと思います。

 

そういった反省は非常に大切かと思います。ただ、どれだけ実力を鍛えても運悪く落ちてしまう事もあるのです。

 

あなたの頑張りが足りなかった、のかもしれませんが、それだけではないのかもしれません。

それは何故かと言うと、試験にはラッキーアンラッキーもやはりあるのです

毎回満点を取る生徒さんはまた話は別ですが、「適当にかいた記号が合っていた」なんて事今まで沢山あったと思います。

記号問題のあるペーパーテストである限り、本当に分かっていたのかどうかは100パーセント測れない訳です。

ですから、落ちたからといって全てがあなたの努力や勉強不足だったと背負う必要はないと、私は思います。

 

例えば、同じ学校を受けている受験生がたまたまみんな適当に書いた答えが合っていたからあなたが合格出来なかった場合もある訳です。模擬テストをやっていて毎回合格点に達していてもたまたま今回だけどうしても苦手な問題ばかり出てくる事もあります。

勿論、どんな問題が出てきても全て出来る様になっていれば良いのですがそんな人ばかりではありません。

ですから、落ちたからといって自分は出来の悪い人間だ、なんて思う事はないのです、それよりも今回の反省を踏まえて今後どうしていくのかを考える方がずっとこれからの人生に活きてくると思います。

●振り返ろう

高校受験は多くの人が始めて経験する、自分の(とりあえず)向こう3年間の進路を決める大きな試験だったと感じている人も多いかと思います。

とはいえ、それだけで人生が決まる訳ではなく多くの人はこれから大学受験や就職活動など、大きな転機に関する試験を経験していきます。

その際に大きな経験値になるのは、今回の高校受験から何を学んで何を経験したかをきちんと振り返る事だと思います。これが一番大事な事かと思います。

「努力が足りなかった」→勉強しなかった時間を今後勉強に充てる

「時間が足りなかった」→スケジュールをしっかり出来るように

 

など、第一志望に受かった落ちたに関わらず振り返って今の自分よりもっと出来る事の増える人間になれれば、それは確実に成長です。

私は塾の経営をしておりますが、合格が全てではなく、合格に向けたプロセスに対してどう向き合って、どう反省するか、が一番の人としての成長だと思います。

これからの人生、結果を求められる事がどんどん増えていくと思います。そういった壁にぶつかった時にどう対応出来るかの練習を今回の高校受験で経験した訳です。

それを今後活かしていくために受験に満足だった人も不満が残った人も、必ずそれまでの過程がどうだったのか、振り返りをして次に活かして欲しいと思います。

●反省と感謝

という事で振り返ってみたら色々今まで見えてこなかった事も見えてくることがあります。

 

例えば、

親が塾に通わせてくれた事

勉強していない時に怒られた事

学校の先生が進路について一緒に考えてくれた事

兄弟が受験生に気を使っていた事

友達と一緒に分からない事を教え合った事

一人ひとり違うとは思いますが、受験が終わって一息ついた今だからこそ周りを振り返ってみると、サポートされていた事が沢山あったのではないでしょうか。

中学生のあなたが、全て一人で、自分の力だけで最後までやり通していたでしょうか。

受験までは周りも中々見えなくなりますし、不安や焦りもきっとあるでしょう。今一度振り返って見て下さい。

きっと感謝するべき事、人が沢山あったのではないでしょうか。

 

勿論後悔した事や恨めしく思う思い出だってあるかと思います。どうしようも無かった事だってあるかと思います。

一人ひとり家族も友達も周りの環境も違います。どうしても全員平等な環境になる事はありません。

ただ、私が凄く大事にしている言葉があります。以前勤めていた会社の上司が言っていた言葉です。

「失敗したら自分のせい、成功したら他人のおかげ」

これは、失敗を自分の責任にしろという事ではなくて、「失敗したら何がダメだったか振り返って、成功したら自分の力だけじゃなく他の人のサポートのおかげだと思って感謝する事」という事です。

出来なかった事を恨まず、出来た事を誇らず、少しずつでもいいので自分の経験値を上げていく。

凄く大事な事だと思います。

長くなりましたが、合格発表の心構えとしては、もう過ぎた事への結果が発表されるだけの事です。大事なのはその先、どういう風に自分が成長していけるかだと思います。どこの高校に行っても充実するかしないかは自分の意志一つです。それでもどうしても納得行かなければ高校浪人すれば良いです。それも経験、これも経験。良いことも悪いことも経験値です。

 

とにかく明日は結果を見に行って、一通り喜んだり落ち込んだりしたら、次のステージに目を向けましょう!

 

 

そして当塾、個別学習塾マイペースでは受験生の卒業に伴い若干生徒さんの受け入れが可能となっております。お子さまの勉強相談や無料体験授業だけでも構いません、お気軽にお電話下さい!

個別学習塾マイペース 
〒470-0124
日進市浅田町茶園38
浅田区民会館3F
TEL 052-853-9409
HP http://mypacesc.com

mail info@mypacesc.com

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.03.07
こんにちわ、代表の河本です。

初のブログは「塾の選び方」についてです。
学習塾マイペースのブログに掲載しているものと同じなのですが、
塾を探されている方の参考になるかと思い転載させて頂きます。
私たちの見解ですので、あくまで参考として読んで頂けたら幸いです。



毎年この時期になると塾への問い合わせが増えてきます。
その中で特に多いのが
「どこの塾に行かせればいいの?」

という事です。本当にごもっとも。昨今塾は沢山ありますし、特色も多々です。

という事で、どんなお子さまにどんな形態の塾が合うのか、ざっくりまとめてみました、宜しければご覧下さい。

まず、塾の形態ですが、大きく分けて

[集団指導]
[個別指導]

の2つに分かれていきます。

集団指導のメリットとしては、
●塾に多くの生徒がいるため、生徒指導のノウハウが多い。
●月謝が比較的安い

デメリットとしては
●集団授業なので休んでしまうと置いて行かれる可能性
●勉強しているかどうかは自己管理なので、さぼってしまうと置き去りにされてしまう。
●自分の苦手な所だけをやりたい!という訳にはいかない

などが考えられます。

一方個別指導ですとメリットとしては、
●分からない所をすぐに質問しやすい
●個人の目標にあった勉強が出来る
●さぼっていることが先生に伝わる

など、生徒に近いところに先生がいる事でのメリットです。

デメリットとしては
●月謝が集団授業より比較的高い


ということです。

最近では[個別に指導はするけどもずっとそばにいるわけではない]形態が増えています。私達の塾もそうです。

生徒が自ら考えて問題を解いている間に他の生徒を指導しています。これが最近増えている
[1対多数]の個別指導です。

指導の形としては個別指導ですが、ずっと隣にいないわけです。そのかわり月謝としては個別指導と集団授業の真ん中くらいの相場となります。



[やる気のある&成績がオール3以上~オール4くらいのお子様]
このカテゴリーのお子様は、勉強のやり方を選べます。何故なら、
ポテンシャルはあるけど発揮の仕方が分からない
ので、少しやり方や点数を取るテクニックを覚えるとするするっと順位が延びていく事が多いからです。

その場合集団指導でも個別指導でも伸ばしていける可能性があります。

自主的に勉強に対する目標を立てられる生徒さんや、競争心の高い生徒さんは集団授業でやっていけると思います。

あまり競争心が無くのんびりしているお子様や苦手な科目があって重点的に強化したいなど個人の悩みがある場合は個別指導の方が向いているかもしれません。


[現在授業についていけていない、目標がない、成績がオール4を超えている生徒さん]

については個別指導をお勧めします。
理由としては、
●学校の授業に付いていけていない場合集団授業の授業にもついていけない場合がある
●目標がない→やる気が起こらない→成績が伸びないの悪循環の恐れがあるため、その生徒のやる気を引き出すために生徒の個性を把握してもらう必要がある
●成績がオール4を超えている場合、自分で学習が出来ている。それ以上成績を伸ばすためには個々の足りない能力を把握して細かな指導が望ましい

からです。


さらに個別指導には1対1や1対複数など指導体制に違いがあります。

一般的には、
[1対1]
●月謝が高い
●解説をして問題を解くまでずっと見ていてくれる
●先生のスキルにや相性によって効果が左右されやすい
●先生がアルバイトな事が多い
●他の生徒との交流はあまりない

[1対複数]
●1対1に比べて月謝が安い
●複数を指導しているため、問題を解いている間は先生は他の生徒の指導をしている
●先生が上手く授業を回せないと何をしていいか分からない状態になってしまう可能性がある
●先生は社員だったりアルバイトだったり様々
●他の生徒との交流が1対1に比べて多い

といった特徴があります。
一つずつ解説していきます。

●月謝
→もちろん1対1の方が月謝が高いのは当たり前ですね。その分すぐに質問出来たり問題を解いている際に間違っているとすぐに指摘してもらえたりするメリットがあります。

●指導
→1対1はずっと隣にいるためにすぐに質問が出来る状態に対して、1対複数であればすぐに質問したい時に少し待たなければならない状態が出来るかもしれません。これがどのくらい大きな影響になるかというと生徒それぞれなのですがまず勉強の順序から紐解いていきます。
勉強とは、
やり方を教わる→実際に解いてみる→解いてみるうちに分からなかった事を質問する→教わる→問題を解く
といったサイクルです。

生徒は問題を解く時間が必ず必要なのですね、この時間は先生がいようがいまいが自力です。先生は基本その解き方を見ているのが1対1です。その違いに対して少々高い月謝を出すかどうかは生徒さん次第です。
「それなら宿題で問題を解いて授業中は質問と新しい事を教わる時間にすればいいじゃないか」
と言われると、本当にその通りだと思います、一番効率的な塾の使い方だと思います。そういったやり方が出来れば非常に1対1の指導は有意義に使えると思います。

●先生の指導について
これは1対1でも1対複数でも共通なのですが、スキルや相性によって結果が左右されやすいです。
その中でも、1対1は相性が大事になりますね。また、先生側からしても1対1の方がその生徒に集中して指導が出来るので余裕をもって指導する事が出来ます。
逆に言うと、指導レベルの高い先生であれば、1対複数でも1対1と同等の指導が出来るという事もあります。これは各塾の先生のレベル次第ですので体験授業を受けてみないと分からない所ではあります。

●先生が社員かアルバイトか
これは社員がいいかアルバイトがいいかは生徒さんそれぞれですが、学生のアルバイトさんであれば年が近く色々な相談をしやすかったりしますが、指導ノウハウが少なかったり、大学生であればテスト期間中に長期でお休みをしたり、就職して辞めてしまったりという事もあります。社員さんであれば指導ノウハウを多く持っていたりしますが、相性が合わない場合に先生の変更が出来ないという場合があります。

そして、なぜ1対1の方がアルバイトさんの可能性が高いかというと、料金の問題です。ただでさえ1対1ですと月謝が高いのですが、社員さんとなるとやはりもっと月謝を高くしていかなければなりません。


●他生徒との交流
ここでいう交流とは、他の生徒とのコミュニケーションも一つなのですが、大きな点としては[他の生徒がどんな勉強をしてどのくらいのやる気でもって勉強をしているか]を見ることができるかという事です。

生徒さんの性格が「周りに左右されずマイペースでやりたい」という事であればなるべく他の生徒が目に付かない方がいいですし、周りと切磋琢磨していきたいという事であれば交流がある方が望ましいといえます。

以上塾の選び方についてお伝えしていきました。
こういった記事は毎年書いているのですが、一番いい塾の選び方としては結局体験授業を受けて本人がやる気をもってやれるのか、という判断かと思います。

また、塾に入ったからすぐに成績が上がる生徒は稀です。そういった生徒は元々勉強に抵抗がなく、少しのアドバイスでぐんぐん伸びていった生徒か、今まで全く何もやってこなかった生徒です。

長い目で見て、最終の目標に達する事が出来るか、を判断して塾を選んでいただければと思います。

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加

個別学習塾マイペース の
【プロフィール】

 個別学習塾マイペース

 愛知県日進市浅田町茶園38 浅田区民会館3階

公式SNS

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加

個別学習塾マイペース の
【主に対応している公立小学校】

  • 赤池小学校 [日進市]
  • 西小学校 [日進市]
  • 香久山小学校 [日進市]
  • 東小学校 [日進市]

個別学習塾マイペース の
【主に対応している公立中学校】

  • 牧の池中学校 [名古屋市名東区]
  • 日進西中学校 [日進市]
  • 日進中学校 [日進市]
  • 日進北中学校 [日進市]
  • 日進東中学校 [日進市]

ページTOP