ジュクサガスで《お得に入塾する人》続出中

ジュクサガスは通学の公立小中学校・合格実績・実施検定から塾を検索できる全国初の学習塾口コミ情報サイトです!

やらされる勉強から、自ら学ぶ学習へ。 あなたのお子さんが、自ら考え、行動できる大人に変わります!

 個別学習のセルモ 日進西小学校前教室塾ブログ

2018.01.25
日進西中学校のホームページに、保護者に行った「学校評価アンケート」の結果が掲載されていました。

興味深い内容なのでここに引用させて頂きます。

----------------------------引用開始--------------------

 先日までの「学校評価アンケート」へのご協力、ありがとうございました。ただいま、分析をしておりますが、保護者の皆様から頂いた「自由記述」のほんの一部をお知らせします。

           ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

○西中は先生方がとても明るく元気で、驚いている。一人一人に寄り添い、

 熱心に指導いただき感謝している。

○HPで毎日の様子を伝えて下さりありがたい。中学を身近に感じられ、

 子どもとの会話も弾む。これからも楽しみにしています。

○運動会や合唱コンクールが毎回楽しみだった。今年で卒業するのが寂しいです。

 先生方の熱意が子どもたちに伝わっているのがすばらしかったです。

 ありがとうございました。



●学習の個人差が大きい。少人数で指導をしたり、補習をしたり、宿題の量を調整したり、

 フォローをしてほしい。
●教科によってわかりにくい授業がある。熱意をもって、わかりやすく、そして

 「教えることのプロ」になってほしい。
●部活動にもっと力を入れてほしい。
●部活によって活動量に差がありすぎる。子どもたちはもっとやりたいのに、

 あまりに少なすぎる。
●土日の練習が多すぎる。試合が土日で全く休みがない。軽減してほしい。
●朝練の削減、土日どちらかの休みをお願いしたい。
●試合の予定変更、集合解散時間などはメールで早めに知らせてほしい。
●給食のテーブルクロスは不衛生で、洗うのも大変。ナフキン持参などにしてはどうか。
●体育館や武道場にエアコンを付けてほしい。
●通学のカバンが余りにも重すぎる。
●スマホは中学生には不必要。うちは持たせたとたん、成績に響き、部屋にこもり、

 親の言うことを聞かなくなった。持たせる時期を間違えた、と感じている。



→→厳しいご意見が多かったですが、改善できることは改善し、部活の顧問や個々の教員に伝えるべきことは伝え、生徒にとってよりよい30年度となるよう、努力していきたいと思います。


----------------------------引用ここまで--------------------


○が好意的な意見、●が批判的、もしくは改善要望といった分類でしょうか。



部活に関しては、活動を増やしてほしいという意見、逆に練習が多すぎるという意見、どちらもありますね。

親世代が部活をどう体験し、どう感じてきたのかがそのまま意見に反映されている気がします。

体育会系でハードな部活で、それが良かったという思い出の方もいれば、あれは辛かったからそこまで要らないのではと思う方も。

ここでは、時間的な意見しか出ていませんが、練習時間の長短だけでなく、内容についてももっと考えてほしいと思っています。

特に科学的なトレーニングの導入や、短時間で効果的な練習の導入、子どもの成長度合いにあわせた、トレーニング負荷の調整などです。

体が成長途中の中1生がハードトレーニングで股関節の炎症を起こした事例などを聞くと、ホント残念な気持ちになります。

あと、学力の個人差が大きいのも問題ですね。

個人差が大きいのに、全員に同じ課題、宿題を与えても、意味がないです。

部活動と同じで、子どもの成長に合わせた課題が必要だと思います。

こうすると、生徒によって課題や、トレーニング内容が違うので、平等じゃない!って反論が出てきてしまうのが、残念なところです。

教育は平等は配分ではなく、公平な配分が必要なのですが、この平等、公平については、またの機会にわかりやすい絵と一緒にご説明したいと思います。

ちなみにセルモでは、生徒の状況に合わせて公平に勉強をしてもらっていますよ!


-------------------------
来春からの新規入塾生を募集いたします。

このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。

中学生、90分✕週2回 通常19,400円/月が 半額の9,700円/月に!
小学生、60分✕週2回 通常13,000円/月が 半額の6,500円/月に!

特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!

また、小学4年、小学5年の保護者の方は、来年から学校での英語の内容が難しくなることが予想されます。

海外の英語絵本を使い、本物の英語を楽しく学べるリーディングファームは、そんなみなさんに最適な教材です!

詳細はお気軽にお問い合わせください。

まずは、お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!

☎052-717-0394

お電話お待ちしてます!

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.22
「どんな人でも頭が良くなる勉強法」坪田先生の新書です。

英会話に行く前に近くの本屋さんで見つけました。

SNSで新しい本が出たことは知っていたけど、タイトルが「どんな人でも頭が良くなる 世界に一つだけの勉強法」ってあまりに胡散臭いので買うのをためらっていたんですよね。(笑)

そんな、「どんな人でも頭が良くなる勉強法」なんてあったら、もっと生徒たちも苦労せずにいい成績が取れてるのに~って

でも、最初の数ページを読んで、やられた!って思いました。



効率の良い勉強方法をよく聞かれますが、正直そんなものはありません。



ホントそう!(笑)

そんな都合のいい勉強法なんて無いって(笑)


じゃ、この本のタイトル「どんな人でも頭が良くなる 世界に一つだけの勉強法」はウソなの?って思うかもしれません。

いいえ、その後にしっかりと答えが書いてありました。

結局この本は、「その人にあった勉強法は一人ひとり違うもの。だから、自分にあった勉強法を早く見つけて実践しよう!」と言う内容の本だったのです。

ただ、そのためには、まず自分が無知であること、自分のできないことと正面から向き合う必要があります。

例えばワークを解くのに、本当はほとんどわからない(覚えていない)のに、教科書を見ながら答え探しをして、見つからなかったところだけ✕にする。なんて勉強法は、自分のできないところを隠しているだし、時間の無駄です。

初めてワークを解く時点でわからなかったところ、覚えていなかったところは、空欄で開けたまま、飛ばしましょう。教科書などで答えを探したり、人に聞いてはいけません。

わかりそうなところは、自分の答えを書きます。

そして直ぐ(1ページ毎に)答え合わせをし、空欄には、赤で答えを書きます。

また、答えを書いたところは、◯✕をつけ、間違ったところは、答えを写しながら、なぜ間違えたか、何と間違えたかをちゃんと考えます

こうやってワークを進めていくと、多分あっという間に終わってしまいます。

ただし、空欄が多くて、赤で書いた答えばかりって事になるかもしれません。でも、それが今の自分の実力です。
ごまかしてもしかたありません。

その上で、できなかったところを、2回目、3回目とワークを解き直す中で、できるようにしていく。これこそが本当の勉強です。

この時、どうやって覚えたらより正確に、早く覚えられるか、それは一人ひとりで違います。

教科書を読むだけで覚えられる人もいれば、書かないとだめな人、黙読で大丈夫な人、声に出すと覚えられる人などなど・・・

自分の理解の癖を早く見抜いて、自分にあった勉強を見つけること、これが、坪田先生のいう「どんな人でも頭が良くなる 世界に一つだけの勉強法」なんですね。


最初は、赤ばっかりで、落ち込むかもしれませんが、2回目、3回目で正解が増えていけば、逆に「私、意外にできるじゃん!」って思えてくるので、人間って不思議なものです(笑)

覚え方、インプットの仕方は、人それぞれですが、それを確認するアウトプット(解き直し)は全員同じです。

ここは、やったかやらないか、やったとしたらどれくらいの回数をやったかだけですね。

できる子ほど、数多くのアウトプット(解き直し)を行っています。

日進西中学校3年生のトップ常連のMさんは、ワークを最低5回は解き直すそうです。

点数の取れない子ほど、この回数が少ないですからね。

覚え方は人それぞれですが、解き直しは、できるだけ数多く行うこと。

これは、昨日のテレビで林先生も言ってましたね(笑)


とは言え、色々なやり方を試す上でのアドバイスはさせて頂きます。

塾の中でいろいろなやり方にトライする中で、早く自分の法則を見つけ出しましょう!

それがみつかったら、後は、他の教科でも同じことをすればよいだけですからね!

----------------
来春からの新規入塾生を募集いたします。

このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。

特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!

詳細はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)

お早めにご連絡ください!

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.19
今日のお客様、普段英会話教室でお世話になっているマーク先生です。


普段は私が英語を教わる立場ですが、今日は、先生が新しく購入したPCのセットアップを教えてほしいということで、教室に来てもらいました。

30年近くIT企業に勤めてきて、日本のPCのメーカである日立、OSメーカであるマイクロソフトでの経験から、PCのセットアップはよくお手伝いさせて頂きました。

営業職だった時には、お客様の役員の自宅のPCのセットアップをさせて頂いたり、上司の自宅のPCのセットアップも手伝った事があります。


そんな私ですが、今回は、初の英語でのレクチャーです(笑)


もちろん、先生が持ってきたPCのOSも英語版でした。


結果から言えば、3時間ほどかかりましたが、英語漬けで楽しく作業ができました。


ネックだったのが、マイクロソフトアカウント(笑)

ログインのたびに、セキュリティコードを求めてくるのですが、それが上手くクリアされない・・・
最初の設定で上手くマイクロソフトアカウントが紐付けできないと、色々不具合があるですよね。


あと、マイクロソフトストアからのアプリが上手くインストールできず、DropBoxは、通常版を外部からインストールしたほうがスムーズだったり。

Skypeもマイクロソフトが買収したので、マイクロソフトアカウントに統合されているし。
ここでのログインでも、はやりセキュリティコードを聞かれました。


なんだか、古巣の問題点ばかりが気になってしまいましたが、マーク先生としては、できなかったDropBoxや、Skypeがつながるようになったので満足いただけたようです


教室にあったロボットにも興味を持ってもらえたので、パンフレットをお渡ししておきました。


息子さんが興味を持ってくれたらうれしいです!

--------------
来春からの新規入塾生を募集いたします。

このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。

特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!

詳細はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)


お早めにご連絡ください!

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.18
今日は、中3生の学年末テスト初日です。

恒例の早朝学習会を実施しています。


保健体育のテストに時事問題が出るというので、予想問題を作ってみました。


1:今年の箱根駅伝は、(     )大学が優勝し(  )連覇を果たした

2:中日ドラゴンズで選手、監督も務めた(    )さんが亡くなった

3:サッカーJ2のプレーオフの結果、(    )が1年でJ1復帰を決めた。
  ほかにJ1には湘南、長崎が昇格、J1の甲府、新潟、大宮がJ2に降格する。

4:(   )の(   )で行われる冬季オリンピックのノルディックスキー・ジャンプ男子代表に、  (     )が選ばれた。日本人選手で単独最多となる( )回目の五輪出場となる




スポーツ話題でマニアック過ぎないものを選んでみましたが、予想は当たったかな?


ちなみに、以前の定期テストに出た時事問題で、初代Bリーグチャンピオンは?という問題に「栃木ブレックス」と正解できたのがウチの生徒で、全校で一人だけだったそうです。


あまりマニアックすぎるとただのクイズになってしまいますからね。


正直、時事問題は、普段のニュースに関心を持ってもらうためのものなので、あまりマニアックにせず、普段から関心があったら正解できる程度のサービス問題にして欲しいと思っています。






時事問題の正解はこちら


1:青山学院 4

2:星野仙一(ほしの せんいち)

3:名古屋グランパスエイト

4:韓国  平昌  葛西紀明  8



最後の定期テストです。

悔いの無いように精一杯頑張ってほしいですね。


----------------
来春からの新規入塾生を募集いたします。


このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。

特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!
詳細はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)

お早めにご連絡ください!


☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.17
昨日は英語の早期教育のメリットについてお話させて頂きました。

今日は、実際、我が家での英語教育はどうだったか、結果どうなったかについてお話させていただきます。

我が家の場合、子どもが小さい頃は、漠然と英語はこれから必要になるだろうから、子どもが習いたいと思うようなら通わせてあげたいなと考えていました。

小学校に上る前の年だったと思いますが、各家庭を訪ねて英会話の体験レッスンをしている教室があり、我が家にも訪ねてきて、かなり強引に予約させられ、自宅での体験レッスンを行ってもらいました。

子どもは、楽しかったようで、行きたい!って無邪気に言ってくれましたが、正直、営業のやり方など強引だったし、教材も高額だったので悩みましたが、通わせてみることにしました。


営業の強引さとは裏腹に、教室の雰囲気は悪くなく、5~6年は通ってくれましたね。
先生も、日本人とネイティブの両方の先生がいて、よくある英語を楽しむ感じの教室だったと思います。

なので、正直そこで英語を身につけるのは難しいと思っていました。

あくまで、英語に親しむ、なれる場所と割り切って行かせていたので、娘がもういいって言ったときにはスパッとやめさせました。


ただ、この経験が生きていたのか、中学・高校と英語は大好きな教科だったようです。

大学を選ぶ際も、英語がしっかり学べるところがいいと、自分から秋田にある国際教養大学へ行きたいと決断。

名東高校の普通科でしたが、英語の先生に個別に指導してもらい、毎日の様に英語のエッセイをノート1ページ以上書いて添削してもらっていました。


結果、塾や予備校に行くこと無く現役で、国際教養大学に合格!

この大学、英語だけでなく、すべての教科を英語で教えるという徹底した大学で、もちろん宿題のレポートも英語(笑)
徹底的に英語は鍛えられたようです。

こんな大学に行きたい!って思い、無茶苦茶勉強して、現役で合格出来たのは、なにより英語が好きだからだったのだと思います。


そういう意味で、小さい頃からの英語の体験が英語を好きにさせて、その後もそれが続いたのだとすれば、我が家の英語教育は大成功だったと言えますね。




大学では、海外からの留学生と寮で相部屋になるので、国内にいながら国際交流ができますし、初代学長の中嶋先生の教えで英語は使えて当たり前、第2外国語も実用的に使えるようにと指導されていました。

また、国際教養(リベラルアーツ)を英語で学ぶので、国際的に通用する幅広い教養が勉強できます。

そんな教育が功を奏したのか、娘が1年間の留学先に選んだのは、アフリカのモロッコ!
USの9.11同時多発テロ以降イスラムに対して偏見が高まっていたので、自分の目で確かめに行きたいという思いだそうです。

娘の留学時のブログがこちら。留学先にモロッコを選んだ理由などが書いてあります。
http://studyabroad2013.blog.fc2.com/blog-category-10.html

他にもカルチャーショックに悩む様子、留学先での勉強内容、断食中の床屋さんでの経験などを書いてくれています。

1年のモロッコ留学を経て、日本語、英語、フランス語、アラビア語のクワドリンガル(4ヶ国語)になって帰ってきました。

大学卒業時のTOEICスコアは945点!(リスニング満点! リーディング450点!)

ちなみに、名東高校の卒業時でもTOEICスコアは740点!(リスニング415点! リーディング325点!)

私なんか足元にも及ばないぐらい素晴らしいスコアです(笑)


国際教養大学を目指してくれただけで、英語教育としては大成功だと思っていたのに、実際に入学し、留学を経験、国際的な感覚を身に着け、英語を武器に難なく就職できたのは、ホント出来過ぎですね。

現在、老舗重電メーカーの海外営業として、日本とアメリカを行ったり来たりしながら、これまで全く無縁だった、化学工場の大型電源設備をセールスしています。

大学でいろいろなことを勉強してきたので、就職してからの勉強もあたりまえに難なくこなしているようです。


すっかり娘自慢の記事になってしまいましたが(笑)、英語が好きになれる環境を用意してあげられたのは、自分にできた最高のプレゼントかなと思っています。

親ができることは、環境を用意して、後は見守るだけです。

もしよければ、お子さんのために、セルモという学習環境を使ってみませんか?


-------------
来春からの新規入塾生を募集いたします。

このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。

特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!

詳細はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)

お早めにご連絡ください!

☎052-717-0394

お電話お待ちしてます!

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.16
2020年から、小学校の英語が変わります。

具体的には、これまで、小5~小6でやっていた英語が、小3~小4に前倒しになります。
そして、小5~小6の英語は「教科」となり成績がつくようにかわります。


ここ、セルモ日進西小学校前教室でも、この流れを受け、小学生向けの英語コースの充実を図っています。

基本はセルモのPCシステムを使い、イラストとネイティブの発音とを組み合わせて、英単語を覚えてもらいます。

加えて、リーディングファームを利用し、ネイティブの朗読で英語の絵本を数多く読んでもらいます。

さらに、Skypeを使ったオンライン英会話で、ネイティブとマンツーマンで25分の英会話ができる英会話コースもご用意しています。

これらを小学低学年から始めることで、英語独特の「音」(日本語にない発音)に慣れ、聞き分けたり、真似をしての発音ができるようになります。

また、リーディングファームにより、USの子供たちと同じ本に触れることで、今の生きた英語の表現を数多く耳にすることができます。

そして、オンライン英会話により、自分の話す英語が外国人に通じるんだ!という自信をつけてもらえます。



ただ、小学校の間は、あくまで英語に慣れ親しむ期間だと割り切った方が良いと思います。

文法などは、中学に入ってからで十分ですし、逆に小学校から文法について意識しすぎると、英語が難しくつまらないものと感じてしまう危険があります。



私個人としては、英語を早期に始めることで得られるメリットである「聞き慣れる耳」や「発音」などは、あくまでおまけだと思っています。

英語教育の早期化によって子供たちが得る本当のメリットは、早い時期から英語に接することにより、「英語って楽しい」「英語が話せたらカッコいい」「外国人と話してみたい」という気持ちを子どもたち自身が、早い段階で感じることだと思います。

昨日の小学2年生の子も、他の小学生も、みんな、英語は楽しい!と言ってくれています。

その気持を持ったまま、中学に入ることが一番大切なことだと私は思っています。

--------------

来春からの新規入塾生を募集いたします。

このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。(オンライン英会話は除く)

オンライン英会話は、マンツーマンで25分たっぷり英語が話せます。

学習塾で学ぶので、学校で学ぶ英語と、ネイティブから学ぶ英会話のいいところどりがわずか月1万円で学べます!

特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!

詳細はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)

☎052-717-0394

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.15
https://www.selmo-nisshin.jp/2018-01-15-new-student/

昨年、オンライン英会話を体験してくれた小学2年生の女の子、今日から正式にレッスンスタートです。

先日の体験でも、リーディングファームの読書が楽しかったとの感想を頂いていたので、まずはリーディングファームからスタート!

リーディングのパートなどは、結構難しいのですが、正解が多く、見ているお母さんも驚いていました。

その後、ビデオを使ってオンラインレッスンの予習に。

今日は、What's this? の質問に対して、It's a ~と答えるレッスンです。

事前に、ビデオオンラインレッスンの内容について予習をするため、オンラインで何を聞かれるか、どう答えればよいかが事前にわかるので、安心してオンラインレッスンに取り組めます。

今回、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドセットを新たに導入したので、生徒は、周囲の音が気にならなくなり、オンラインレッスンに集中出来るようになったので、体験のときより大きな声で会話してくれるようになりました!

終わったあと、周りに生徒が増えていてちょっと恥ずかしそうにしていましたが、お母さんが途中からいなくなっていたことに気づいていなかったですから、本当に集中していたんですね。

途中、お母さんに、こちらの本をご紹介させて頂きました。

先日の考える力を家庭で育む会話術にも通じる内容でした。


また英語に関しては、動画やイラストなどでその英語の使われている状況を理解しながら、英語に触れる(聴いたり読んだりする)ことが大切と書かれています。

まさにリーディングファームや、オンライン英会話でやっているレッスンそのものですね。

お母さんからは、「来週まで貸して頂けませんか?」との嬉しい申し入れをいただきました!

お母さんが勉強熱心だからこそ、お子さんも、新しいことにチャレンジできるんですね。

来週、感想をお聞きするのが楽しみです!



来春からの新規入塾生を募集いたします。

このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。(オンライン英会話は除く)

オンライン英会話は、マンツーマンで25分たっぷり英語が話せます。
学習塾で学ぶので、学校で学ぶ英語と、ネイティブから学ぶ英会話のいいところどりがわずか月1万円で学べます!

特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!


お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)

☎052-717-0394

お電話お待ちしてます!

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.14
来週の18日(木)、19日(金)は、中3生の学年末テストです。



中3生にとっては最後の定期テストとなります。



今日は日曜日ですが、塾では中3生がテスト対策に来て頑張って勉強してくれています。





この学年末テスト、今までと違って、全員が同じ気持ちで立ち向かえないんですよね。







公立高校を受験する生徒は、内申点が大切なので、この学年末のテストは大きな意味を持ちます。



とは言え、闇雲に頑張ればいいかと言うと、そうではありません。



何故かと言うと、学年末テストの後でる内申点は、3学期の内申点ではなく、学年を通じての内申点です。



既に1学期、2学期の内申点がベースにあり、学年末テストの結果を加えて、学年を通じての内申点が計算されます。



ということは、1学期、2学期と内申点が変わらなかった教科は、たとえ学年末のテスト結果がよかったとしても、年間を通しての平均を考えると、内申点が上る可能性はかなり低くなります。



逆に、1学期に比べ2学期に上がった(下がった)教科はどうでしょうか。



例えば、3→4に上がった教科は、3学期には3に戻る可能性も、4をキープできる可能性も同じくらい考えられます。



逆のパターンも同じです。

4→3に上がった教科は、3学期には4に戻る可能性も、3のままの可能性も同じくらい考えられます。



こういった、2学期に内申点に動きのあった教科は、学年末テストの結果次第で内申が決まります。



そのため、こういった教科にこそ注力し、自分の力で内申を1つでも上げ、公立高校の入試をより楽にしましょう。





一方、私立高校への推薦がもらえた生徒。



頭の中は、来月1日に迫った私立高校の推薦入試のことで頭がいっぱいです。



殆どの推薦入試は、国語、数学、英語の3教科しか試験科目がないので、その3教科に集中したいというのが本音です。



でも日進西中、日中の学年末では、5教科に保健体育を加えた6教科のテストがあります。



推薦入試にない残りの3教科をどの程度勉強するか・・・



悩ましいとは思います。







アドバイスをするとすれば、思いきって推薦入試の3教科に注力しましょう。



そうすれば、学年末テストと私立高校の入試の二兎を追うことができます。





残りの理科、社会は、余裕があれば取り組めば良いですが、余裕が無いようであれば2学期の期末テスト後に習った範囲だけを集中して勉強しましょう。



この2教科は、受験を考えて、学年末の範囲が中1~中3までの全範囲となりますが、直近に習ったところは絶対に出題されるので、最低そこは押さえておきましょう。









全部に注力というのは理想ではありますが、やってみると難しいですし、気持ちに余裕がなくなります。



注力する教科とそうじゃない教科を切り分けることで気持ちにも余裕ができ、結果的に充実した勉強ができるようになりますよ。



来春からの新規入塾生を募集いたします。



このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。



特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!


詳細はお気軽にお問い合わせください。


お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)



お早めにご連絡ください!



☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.11
昨日に引き続いて、2020年の教育改革についてのお話です。

昨日の放送の中で、教育改革の一つに「考える力を育てる」があり、それは学校だけでなく家庭でも育てることができるというお話がありました。

家庭でできる、「考える力を育てる」会話術とはどのようなものでしょうか。

考える力を問う問題(記述式問題)を解くのに、お子さんが困っているご家庭への対応策として、番組の中で紹介されていたものは以下の通りでした。

・答えやすいように単語で答えられる質問をする。
・いくつかキーワードがでたところで、その理由をきく
・子どもの考えに自信を持たせてあげる

特に、普段から◯✕を気にしている子どもや家庭では、自分の意見を言うことをためらってしまう事が多くなります。

答えのない質問(あなたはどう感じたか?)などでは、本来何を書いても正解のはずです。

素直に感じたことを話したり、書いたりすればいいのですが、お母さんがそれを見て「それは違うでしょ~」って言ったりしてしまうと子どもは何も言えなくなってしまいます。

絶対に、子どもの考えを否定しないこと。

たとえ間違っていても、否定するのではなく、まずは受け止めること。

せっかく子どもが勇気をだして意見を言ったのに否定されると、子どもは次からは意見を言うのをためらったり、言わなくなったりしてしますので、ここは注意が必要です。

正解、不正解は無いんだから、感じたことを素直に口にしてもいいよと言い続けること。

お母さんの意見と違ったときも、まずは「へ~、そんな風に感じたんだ」と子どもの意見をしっかり受け止めてあげましょう。

もし、倫理・道徳・社会常識に反した意見や考えを子どもが言った時でも、「そんなのダメにきまっているでしょ!」などと否定しないようにしましょう。

あくまで、子どもがそう考えたという事は受け止めた上で、お母さんの意見や気持ちを伝えたり、なぜダメなのかを話し合ったりしてあげてください。

あと、ゲストのパックンが上手にまとめていましたね。

ご自身のお子さんも日本の公立小学校に通わせており、知識は学校に任せているが、考える力は、家庭で意識して育てるようにしている。

考える力を育てる会話のコツは、なぜ?という質問を多くすること。

なぜの質問の答えをお母さんが知らなくても大丈夫。

私も知らないから、一緒に考えようね!と言えば、子どもが頑張って答えを探そうと考えてくれます。

「なぜ?」という質問に、「多分こういう理由じゃないかな」「へ~なるほどね、私はこういう理由だと思うけどうどう?」などという会話ができるようになると、子どもの考える力は大きく育っていくと思います。

もちろん、こういった会話をするためには、時間的にも気持ち的にも余裕が必要です。

忙しい中でも、5分でもいいので時間を作って、お子さんと向き合ってあげましょう。

その僅かな時間、僅かな会話が、子どもの考える力を育んでくれますよ!

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加
2018.01.10
今朝、NHKのあさイチで教育改革が取り上げられていましたね。

朝のこの番組、視聴率が高いのでご覧になった方も多いのではないでしょうか。

2020年の教育改革の目玉として紹介されていたのが「アクティブ・ラーニング」

昨年のドラマ「先に生まれただけの僕」でも紹介されていたので、ご存じの方も多いと思います。

アクティブ・ラーニングを簡単に紹介すると、これまでの先生が一方的に教える「受け身の授業」から、生徒が学び参加したり、互いに教え合ったりと「参加する授業」に変わることをいいます。

これまでの受け身の授業は、知識を伝えることが目的でした。
受け取った生徒側は、その知識をどれだけ覚えることができるかをテストされます。

知識を受け取ること(インプット)が中心で、知識を活用すること(アウトプット)がほとんど無かったことが問題と言われています。

一方アクティブ・ラーニングでも、基本となる知識を学ぶことはこれまでとは変わりません。
その基本知識をもとに、話し合ったり、他の生徒に説明したり、基本では足りない知識を調べたりといったアクティブな活動を通じて、知識を活用したり、定着させたりしていきます。

一方通行な授業では、どうしてもつまらないと感じてしまうケースが多いですが、積極的に授業に参加することで、理解が深まったり、新しい発見があったりします。

ちなみに、セルモでは、授業で私が教えるのではなく、わからない単元や、これから習う予習の単元などは、5~10分程度のビデオを見てもらい自ら学んでもらいます。

また、ビデオに加え、PCを使ったネット検索で自分の疑問を自ら調べて解決してもらったりもしています。

最後にビデオや、ネットで学んだ知識を、今度はPCを通して出題される演習でしっかり定着してもらいます。

これも、一方通行方の授業ではなく、生徒が自ら何をどう学習するか考えて学習しているので、アクティブ・ラーニングの一種だと考えています。

なにより、押し付けられる勉強は生徒にとってはストレスのもとだったりしますが、自分のペースで自分で考えての勉強は、本当に楽しそうに勉強を進めてくれます。

番組でも、アクティブ・ラーニングの良い面だけでなく、問題点も多く指摘されていました。
そのあたりは、また別の機会に紹介させていただこうとおもいます。

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加

個別学習のセルモ 日進西小学校前教室の
【プロフィール】

 個別学習のセルモ 日進西小学校前教室

 愛知県日進市浅田町東田面101 2A

公式SNS

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加

個別学習のセルモ 日進西小学校前教室の
【主に対応している公立小学校】

  • 赤池小学校 [日進市]
  • 西小学校 [日進市]
  • 香久山小学校 [日進市]
  • 東小学校 [日進市]
  • 南小学校 [日進市]

個別学習のセルモ 日進西小学校前教室の
【主に対応している公立中学校】

  • 日進西中学校 [日進市]
  • 日進中学校 [日進市]
  • 日進北中学校 [日進市]
  • 日進東中学校 [日進市]
  • 東郷中学校 [東郷町]

ページTOP