キープ塾を比較

『5教科全て対応します!生徒一人ひとりに合わせたピッタリ個別!』/プログラミング講座実施中!

 個別指導アップ学習会 加美教室塾ブログ

2021.07.12

みなさんこんにちは!

加美教室です!

 

ついに夏期講習がはじまりました。

約2ヶ月間、各々の目標は違いますが、みんなと差をつけるためにも頑張って行きましょう。

受験生も、そうでない学年も、今の状況や先の目標に応じてカリキュラムはオーダーメイドでさせて頂いております。

「夏だけでも受けてみようかな」

それでももちろん、構いません。

皆さんのご参加、お待ちしております!

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

2021.06.15

みなさんこんにちは!

加美教室です!

もう最近は暑いですね!夏が来た、と実感しています。

夏といえば、そう、夏期講習ですね!(笑)

夏休みは長い期間で予習/復習ができる絶好のチャンスです。

この機会に一気に苦手な分野を克服、または得意な科目を増やして友達に差をつける良い機会です。

 

とはいえ、勉強が嫌いだという人にはしんどいですよね(笑)

中高生は定期テストが受験にもつながる関係で、嫌でもする必要はあります。

ただ、小学生は考えるのも面倒だ、という子もいるでしょう。

そこでこの夏は、「楽しく学ぶ思考力クイズ」をやろうと考えています。

 

実際に問題を出します。

 

12+53=イヌ

31+95=サル であるとき、

21+52=?

?は何になるでしょうか。

 

ちなみにキジではありません。並び的に桃太郎っぽいですよね。

こういう問題がわかった時のは楽しいですよね。

こういった、少し考えるけど楽しいクイズ感覚で夏期講習を考えています。

この問題の答えは次回のブログで書きます。

お楽しみに!

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

2021.06.07

みなさん、こんにちは!

アップ学習会 加美教室です!

期末テストが近づいてきました。

理社などの暗記科目は覚えたら勝ち!と言いますが、

みなさんはどのように勉強していますか?

 

私は教科書を音読をしていました。

教科書には出来事の流れの説明や、因果関係、その影響と結果、たくさんの情報が載っています。

書くだけでなく、声に出して録音をし、電車の中で録音を聞き流していました。

そうして自分の中にストーリーを作り、何度もそのストーリーを復唱していました。

 

みなさんは「タピオカ」というワードを知っていますね?

今や当たり前のように使われている言葉ですが、数年前にはそこまで言われていなかった気がします。

「タピオカ」をみんな使えるようになったのは自分の言葉として何回も使ってみたはずです。

そうして新しい語句を使えるようにしたと思います。

 

つまり、英単語や理社などの暗記は覚えるだけでなく、使ってみるのがオススメです。

テストまでの残り期間、有意義に時間を使いましょう。

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

2021.05.07

みなさん、こんにちは!

アップ学習会 加美教室です!

私的な話になりますが、近日中に引っ越しをします。

部屋を探す際に、部屋の広さをきにすると思いますが、

そもそも『1畳』はどれくらいの大きさかご存じですか?

漢字から推測できると思いますが、1畳=畳1枚分の大きさです。

ただし、地域によってこのサイズに違いがあるようです!

京間は関西、中国、九州地方

中京間は中部地方、北陸地方、沖縄の一部

江戸間は関東地方、東北、北海道、東日本の大部分

団地間は全国のアパート、マンション、集合住宅

 

こうして見ると全然違いますよね。

私も部屋探しの際に気になって調べて、初めて知りました。

 

気になったことは調べてみると新たな発見があるかもしれませんね。

(写真引用サイト)【お客様からの質問】今と昔で『一畳』の大きさが違う? | 家づくり学校 松山校 アドバイザーブログ (stephouse.jp)

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

2021.04.19

みなさん、こんにちは!

アップ学習会 加美教室です!

タイトルにもある通り、もうすぐプログラミング授業をするための設備が整います。

皆さんもご存知の通り、プログラミング教育は必修化、受験科目化して行きます。

以下はキュレオのホームページにもある文です。

「子どもたちが将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力」であるとして、

2020年から全ての小学校でプログラミング教育を必修化とする方針が、日本でも決定されました。
2024年には大学入学共通テストへの導入を前提にした学習指導要領の変更が行われ、プログラミング学習の必要性は増しています。

 

プログラミング、と聞くと難しそうなイメージがあると思います。

キュレオではそのプログラミングの基礎をゲーム感覚で楽しく学べます。

ただ学ぶのではなく、自分で考えながら学んで行きます。

 

興味のある方は是非お問い合わせください。

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

2021.04.12

みなさん、こんにちは!

アップ学習会 加美教室です!

新学年となり、いよいよ受験生となる方もいるのではないでしょうか。

既にそのように考えれているのであればしっかり準備をして行きましょう。

その準備の一つとして英単語をやっていきませんか?

 

アップ学習会では2020年9月からオンライン英単語テストを実施しています!

このオンラインテストは高校生対象でZOOM上で行います。

「ターゲット1900」から毎週100語、基本単語から重要単語までの計1500語を出題していきます。

1500まで終わればまた1から始めていきます。

英単語は日々の積み重ねが大事です。

実際にこのテストに参加して、長文が読みやすくなったという生徒もいます!

 

中学生にはスマホアプリのターゲット1200がオススメです!

意味、穴埋め、スペルなどの問題でオンライン対戦ができます!

ゲーム感覚で単語を覚えられますよ!

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

2021.03.22

みなさん、こんにちは!

加美教室です!

卒業生の皆様、卒業おめでとうございます。

卒業式を終え、新しい生活に期待と不安を持っている方も多いのではないでしょうか。

小学生から中学生、中学生から高校生と環境や気にするべきことなどガラリと変わります。

中学校であれば、

⒈課題

⒉定期テスト

⒊部活

高校生であれば、

⒈科目の専門性

⒉文系・理系の選択

などが大きく変わることです。

そして共通して言えることが、学年が上がるに連れ、時間の経過が早く感じます。

高校での3年間はあっという間です。

ついこの間までは中学生だったのに、もう大学を考えないといけない、

というのはよくあることです。

将来を見据えて学校生活を過ごしていきたいですね。

 

新学年で幸先の良いスタートをするには、

今までの範囲が不安なら復習、大丈夫であれば予習です!

今がその準備期間ですよ!

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

2021.03.08

みなさん、こんにちは!

加美教室です!

今回はある物をご紹介しようと思います。

それがこちらの英単語帳です!

以前にもお伝えした通り、4月から教科書が大きく変わります。

中学校までに覚えるべき単語量も1200語から2500語に増えます。

その2500語の単語に対応したのが、アップ学習会でお配りするこの単語帳です。

 

単語に限らず連語も載ってますし、不規則動詞の変化表や、

前置詞の細かい違いが図で載っていたりと、かなりいい単語帳になっています。

赤シートもついているので覚えているかのチェックもできますよ!

 

こちらですが、常に持ち歩いておくことをオススメします。

休み時間や、作業の休憩、寝る前に5分見るなど、毎日コツコツやっておけば必ず英語の力が身についていきます。

 

教室でも単語チェッククイズ大会!みたいなことをしたいと思っています。

自分も改めて勉強しようと思うので、みんなで頑張って覚えましょう!

 

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

2021.02.22

みなさん、こんにちは!

加美教室です!

まずは、私立高校、合格された方々、おめでとうございます!

それから、公立高校を受験される方は残り1ヶ月、一緒に頑張っていきましょう!

さて、前回、このブログでもお伝えさせていただきましたが、2021年度に教科書が大きく変わります。

国語では、今までのように漢字の書き読みや読解力だけでなく、話し合いをしたり、自分の意見を考え、それを述べることが重要になってきます。

こういった能力は一朝一夕に育てられる能力ではありませんが、学校での勉強だけでなく、社会に出てからも非常に重要な能力でもあります。

そこで、こういった能力を育てる、『やってみる価値あり!』な方法について、今日はご紹介させていただきます!

 

その方法は、ずばり「本を読むこと」です!

「な〜んだ、そんなことか。そんなことなら、もう知ってる」と思われたかもしれませんが、

たしかに、本を読めばいいことはテレビなどでも良く紹介されています。

しかし、今は、テレビやスマホなど刺激的なものが多く、本を読むことは意外とハードルが高いと感じられる方も多いと思います。

そこで、ここでは、もう一歩踏み込んで、少しでも本を読むハードルを下げつつ、2021年度から必要とされる能力を育てていく読書法についてご提案させてください。

 

それは、「親子で朝の10分読書法」というものです。

内容を簡単に説明させていただくと、親子で、朝、10分間だけでいいので読書する、そして、その10分が終わったら、お互いに感想を言い合う、というものです。

(ここで注意なのは、ちゃんと感想を言うことです。読んだ本のあらすじをまとめたりするのではなく、感想、つまり、読んで何を思ったか、や、主人公のこういう行動にどんな気持ちになったか、主人公はこういう行動をしたけど違うんじゃないか?といったものです。)

こうすることで、自分の気持ちや考えを言葉で表現するという力(意外とこれができない子が多いのです。)が身に付きますし、日頃からさまざな物事に対して考える癖をつけることができます。

この読書法を行う上でいくつかポイントをまとめておくと、

 

①読む本は自分が楽しいと思える、自分の興味や関心にあった本を選ぶ。

先ほども書かせていただいたように、普段から本を読まない人にとって、本を読むことはとてもハードルが高い行為です。

そこで、少しでも本を読む時間が楽しいものになることが重要なのです。

そのためには、お子様にはお子様の、保護者の方には保護者の方の興味や関心に合った本を選ぶ方が良いのです。

例えば、お子様が野球やサッカーなどのスポーツが好きなら、スポーツを主題にした小説が楽しめるかもしれませんし、パソコンやゲームが好きなら、SFなどの小説を夢中になって読めるかもしれません。

こういった本選びには、年齢相応のものであることも重要です。小学生低学年がまだ理解できないような中学生向けの本を渡しても楽しめないので、年齢に合った本を見つけることが吉です。

では、このような自分にピッタリの本をどうやって探すかというと、手早く探すなら、

「中学生 おすすめ 小説」と検索するのもいいのですが、おすすめは、やはり、

「図書館で実際に色々と見てみること」です。

図書館にはさまざまな本があり、子ども向けの本も大量にありますから、実際に手に取って、面白そうだなと思う本を選ぶことができます。

また、図書館の職員さんは本を読んだり選んだりするプロでもあるので、そういった方にどんな本がオススメか、相談してみるのも良いと思います。

 

②毎朝じゃなくても一週間に2〜3回など、それぞれのご家庭にあったペースで

やはりこれも、本を読むハードルの高さを少しでも下げるためのポイントなのですが、いきなり、毎朝というのは難しいものがありますので、最初は一週間に一回から始めて、そこから慣れていったり、もっと読みたい!とお子様が望めば、回数を増やしていくかたちです。

これなら、それぐらいのペースなら、と本を読むのが苦手なお子様も気軽にやってくれるかもしれません。

 

③親子のコミュニケーションを楽しむ!という気持ちで。

この読書法を提案させていただいた際に、

「なんで子どもだけでなく、保護者も一緒に本を読むのか」とお思いになった方も多いかもしれません。

この理由は、お子様にとって、お子様だけが本を読み、保護者様は読まないという形だと不公平だと感じ、やってくれない可能性が高いから、というのももちろんありますが、

最も重要なのは、親子でのコミュニケーションを楽しむ、という点にあるからです。

最初にも述べさせていただきましたが、本を読むのはハードルが高く、また、今ではさまざまな情報があるので、本を読むのを「学校の勉強と同じでつまらない」と感じているお子様も多いのです。

そこで、朝の10分読書法では、これは勉強なのではなく、本をただただ純粋に楽しむという気持ちで行うことが重要なのです。

なので、最後にお互いの感想を言い合う際には、

「それはおかしい」とか、「そうやって読むのは間違ってる」などという必要は全くありません。

むしろ、そういったことを言ってしまうと、お子様にとってはマイナスでしかありません。

ただ純粋にこう思った、とか、こういう気持ちになったという考えを受け止めてあげればいいのです。

これを通じて、読書という親子間の共通の話題ができることもとても有意義です。

 

さて、以上のポイントをまとめると、

①読む本は自分が楽しいと思える、自分の興味や関心にあった本を選ぶ

②毎朝、じゃなくても、一週間に2〜3回など、それぞれのご家庭にあったペースで

③親子のコミュニケーションを楽しむ!という気持ちで

の3つになります。

10分だけなので、そう簡単に結果がついてくるわけではありませんが、やるのとやらないのでは、結果は大きく異なってくると思われます。

みなさまのご家庭でも「親子で朝の10分読書法」をためしてみてはいかがでしょうか?

2021.02.08

みなさん、こんにちは!

加美教室です!

新学年を迎える準備、できていますか?

2021年度に教科書が大きく変わります。

中学校では、特に英語が難しくなります。

1.単語

まず、覚えなければいけない単語量が増えます。旧指導要領では1200語ほどだったのに対し、

新指導要領ではその役2倍の2500語になります。一部、英検準1級、1級レベルの単語も出てきており、

正直私自身も驚いています。

2.文法

文法の方では、高校で習う文法内容が一部中学に降りてきます。

仮定法や、現在完了進行形、感嘆文などです。

新中3は高校1年生と言っても過言ではありません。

 

単語や文法の他にも、文章量が増えたり、その内容も難しくなったりします。

内容についてはSDGsが他の5教科でも扱われるようになります。

近年、小学校の英語の教科化や、センター試験から大学共通テストへの変更など、教育が変化しています。

この教育の変化は、ITの発展に伴い、様々に移り変わる未来を生き抜く力を育むため、とされています。

単純に知識を詰め込むだけではなく、それをどのように活かすのかが重要になります。

なぜそう思ったのか、あなたの意見を述べなさい、などの記述問題が増えると予想できます。

今までの学習内容をしっかり定着させていないといけません。

アップ学習会では春季講習を通じて、新学年への準備をしていきます。

皆さん、頑張りましょう。

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

友だち追加

個別指導アップ学習会 加美教室の
【プロフィール】

 個別指導アップ学習会 加美教室

 大阪府大阪市平野区加美東4-16-1 ロイヤル加美203号

個別指導アップ学習会 加美教室の
【主に対応している公立小学校】

  • 加美小学校 [大阪市平野区]
  • 加美北小学校 [大阪市平野区]
  • 加美東小学校 [大阪市平野区]

個別指導アップ学習会 加美教室の
【主に対応している公立中学校】

  • 加美中学校 [大阪市平野区]
  • 加美南中学校 [大阪市平野区]
  • 平野北中学校 [大阪市平野区]

ページTOP