キープ塾を比較

「ほめて伸ばす!」 ほめる指導でやる気アップ。

 富雄松陰塾 塾ブログ

2019.10.08

今年最後の私立高校の入試説明会として、
今日は奈良文化高校の入試説明会に参加させていただきました。

奈良文化高校入試説明会

実は奈良文化高校には高校の同窓生がいらっしゃいます。
ちょうど朝お伺いした時にチラッと見かけて挨拶しましたが、
帰りにも待ってくれていたようで少し話をさせてもらいました。

奈良文化高校には衛生看護科があり、
看護師を目指している子には人気の高校です。
姉妹校には奈良学園高校や奈良学園登美ヶ丘高校、
系列大学に奈良学園大学もあります。

今年は計9校の入試説明会に参加させていただきました。
各高校とも独自の取り組みをされており、
それぞれの高校の校風の違いも実際にお伺いすることで感じました。

私立高校は授業料が高いというイメージがありますが、
国からの補助金などもありますので、
公立高校にない魅力のある高校については、
保護者の皆様と相談させていただいて、
塾生一人一人にあった高校を
しっかりと進めさせていただこうと思っています。

今年も説明会に参加させていただいた高校の中から、
塾生に勧めて検討してもらっている高校もあります。
塾生の希望が叶うようにしっかりサポートしていきたいと思います。

2019.09.27

今日は今月最後の入試説明会(来月にまだありますが)で、
アナン学園高校に行ってきました。

アナン学園高校は普通科にミュージカルコースや醸造コース、
さらに看護科と調理科がある高校です。



今日は説明会の後、ランチとして
調理科の3年生が作ったフレンチのコースをいただいてきました。
約2年半しっかりと勉強してきた子たちで、
料理の味はもちろん、
約60名に対して少し狭い目の部屋だったのに、
しっかりとサーブをしてくれました。
3年間でこれだけしっかりできるようになるんだと
説明よりも説得力のあるプレゼンとなりました。

調理師になりたいとか看護師になりたいと
しっかり目標のある子なら
卒業時に資格を取得できるコースを選ぶのも
良い選択肢だと思います。

今年の3年生の塾生は、
全員普通科に進学を希望していますが、
富雄松陰塾では、行ける高校よりも
行きたい高校を目指してもらえるように
進路指導も行っています。

2019.09.24

9月に入って、各私立高校の入試説明会が開催されています。
前回書きましたが9/3には橿原学院高校の入試説明会に参加しました。
その後奈良女子高校、大阪商業大学高校、奈良大学附属高校、
京都橘高校と入試説明会が行われ、
本日は京都廣学館高校の入試説明会に参加させていただきました。
今週は金曜日にアナン学園高校の入試説明会にも
参加させていただく予定です。

入試担当の先生方には、塾の方にも何回も足を運んでいただいて、
色々とお話をさせていただいていますが、
入試説明会に参加させていただき、
高校によっては授業の様子を見学させていただいたりしています。
そうするとお話させていただくだけでは分からなかった
それぞれの高校の特徴や雰囲気を感じることができます。

各高校の各コースの生徒さんの雰囲気を感じさせていただくことで、
この学校のこのコースは、この子にはあっているんじゃないかとか、
この子にはちょっと雰囲気が違うななどと、
学力だけでは判断できない情報を得ることができます。

一人一人に合った高校を勧めさせていただく際には、
こういった生の情報がとても大切だと思っています。

これは私たちが感じるだけでなく、
受験生たちにも直接自分で感じてもらいたいと思っています。
ですから、各高校のオープンキャンパスや説明会には、
興味のある高校にはできるだけ参加するように勧めています。

青春真っただ中の貴重な高校の3年間を
有意義なものにできるように、
私たちも可能な限りお手伝いさせていただきたいと思います。

高校入試説明会
そんな思いで、私たちもできる限りたくさんの高校の
入試説明会には参加させていただいています。

2019.09.03

本当に教科書が読めていますか?
ただ単に教科書を音読できるという意味ではなく、
教科書に書かれている文章の意図を正しく理解できているでしょうか。
AIで東大合格の実力をつける
「東ロボくん」プロジェクトに携わった新井紀子先生は、
教科書の読めない(意味が理解できない)子どもたちが増えていると
おっしゃっています。

同時に最近の大学入試、高校入試、地域の中学校の定期試験を見ていると、
教科にかかわりなく問題文の文字数が多くなってきています。
大学入試センター試験で見てみると、
国語の試験では1997年に約4200字だったのが、
昨年の共通テスト試行問題では9960字、
英語では1992年には2620語だったのが、
昨年の共通テスト試行問題では5326語と
倍以上の文字数になっているのです。

富雄松陰塾でも以前から
数学の計算問題はほぼ完ぺきにできるのに、
文章問題になると全くできなくなる子や、
各教科のテストで最後の問題までたどり着けない子が
増えてきたと感じていました。

そこで子どもたちに読む力をつけてもらいたいと、
速読の講座を始めさせていただきました。

2019年8月時点では奈良市唯一の
みん速認定コーチ在籍教室で
速読講座始めてみませんか?

2019.09.03

本日は朝から
橿原学院高校の入試説明会に参加させていただきました。
橿原学院高校の特徴や大学入試への取り組みについて
学校の先生方や現役の高校生、卒業生から
色々と説明していただきました。

橿原学院高校

橿原学院高校は奈良県内の高校では数少ない
美術科のある高校になります。
美術系に進学したい中学生にとっては
県立の高円高校や
大阪の大阪商業大学高校、夕陽丘学園高校、
京都の精華学園高校、京都芸術高校などがありますが、
県内の高校で美術を専攻したい、
もしくは将来的に芸術系大学に進学したい中学生にとっては、
選択肢の一つになると思います。

普通科も含めて生徒数が多くないので、
生徒一人一人にとっては、
しっかりと面倒を見てもらえるのではないかと思います。

今月はこれから多くの私立高校で
入試説明会を開催してくれます。
私たちも予定の許す限り多くの高校の説明会に参加して、
塾生たちの個性に会った高校を勧められるように
していきたいと思います。

2019.07.18

今日は朝から奈良育英中学校・高等学校の入試説明会に参加してきました。
昨年も参加させていただいた説明会ですが、
昨年からさらに変革されようとしている育英高校の方針をお聞きしました。
一番の変革内容はESD(Education for Sustainable Development 持続可能な開発のための教育)の推進で、
ユネスコスクールチャレンジ校になられたこと。
いま世界で言われている持続可能な開発のための教育として、
「いのちのつながり」をテーマに、異文化理解や環境教育を推進されているそうです。

そのためにも必要な「言語技術」を中学では教科としてとりあげ、
論理的思考力の獲得をすすめているとのこと。

実は富雄松陰塾でも、塾生たちの「読む力」+「論理的作文」の能力が、
全ての教科の習得の基礎になる力であるとして、
「言語技術」の習得は必要だと考えております。

今までは「言語技術」の中でも、
論理的思考を高める手段として「論理作文」に力をいれ、
プレゼンテーション力を高める指導を行ってきましたが、
今年からは、さらにそのベースとなる「読む力」を高めていきたいと考え、
「速読」の講座を開講しました。

いよいよ来週からは夏休みです。
受験生にとっては、とても大切な夏休みになります。
私たちも気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

2019.05.31

二名中学校は先週の水・木、
富雄南中学校は今週の月・火、
富雄中学校と富雄第三中学校は昨日・今日と
1学期の中間試験が行われました。
富雄中学校と第三中学校も、もう試験は終了している頃でしょう。

昨日までに帰ってきた試験を持ってきてくれた塾生は、
苦手科目を克服して平均点以上の点を取ったり、
得意科目ではさらに得点をのばしたりと、
みんな良い成績を取ってきてくれています。
まだテストが返ってきていない塾生たちも、
試験の手ごたえは良かったという子が多いので、
試験が返ってくるのが楽しみです!

1学期の中間試験は、
3年生の修学旅行の日程によって実施される日が決まりますので、
毎年各中学校で行われる日がバラバラになります。
私たちにとると試験期間が長くなるので大変ですが、
その分試験期間がばらけてくれるので、
一人一人の塾生の試験対策は十分に行いやすくなります。

その上、春休みからしっかり春期講習に来てくれた塾生は、
春休みの間から中間試験の範囲を予習できている子が多いので、
試験前にはたくさんの練習問題にチャレンジさせることができ、
準備がしっかりできたことで、
みんな自信をもって試験に臨めたのだと思います。

以前保護者の方から、
前に行かせていた塾で、
もっとたくさんの練習問題をやらせた方が良いか相談したら、
たくさんの問題をやらせても意味がない。
量より質が大事だ。
と言われたと相談をされたことがあります。

もちろん学習する際に内容の質は大切です。
しかし私は経験的に練習量と成績は比例する傾向があると思っています。
ただ普通の比例ではなく、階段状に成績は上がっていきます。
それぞれの子にとって必要な一定量の勉強をした時に、
成績は急に上がり始めます。
そして成績が上がると自分の勉強の仕方に自信がつき、
実際に効率の良い勉強のしかたも身につきます。
勉強に対する自信がよりその子のモチベーションを高め、
良い循環が生まれると思っています。
特に今までなかなか成績が上がらなかった子、プレッシャーに弱い子は、
たくさん練習したという自信は大切です。

中間試験が終わりホッとする時間も必要ですが、
1学期の期末試験まであと1か月になっています。
気分をリフレッシュしたら、
気を抜くことなく期末試験の準備を始めましょう!

2019.03.29

塾生の何人かから「数学検定を取りたい」と相談されました。
数学検定・算数検定は公益財団法人日本数学検定協会が実施されている検定で、
正式名称は「実用数学技能検定」と言います。
数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定で、
公益財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。

高校受験や大学受験においても、
一定の級以上を取得していると評価してくれる高校・大学もたくさんあります。

数学検定の各級は
1級:大学程度・一般
準1級:高校3年程度(数学Ⅲ程度)
2級:高校2年程度(数学Ⅱ・数学B程度)
準2級:高校1年程度(数学Ⅰ・数学A程度)
3級:中学校3年程度
4級:中学校2年程度
5級:中学校1年程度
となっています。

また算数検定は
6級:小学校6年程度
7級:小学校5年程度
8級:小学校4年程度
9級:小学校3年程度
10級:小学校2年程度
11級:小学校1年程度
となっています。

塾生たちの中の希望者には、
それぞれの実力に合わせた級を受験してもらおうと思っています。

2019.03.01

今日から3月ですね。
一般選抜入試で公立高校を目指している受験生にとっては
本当に勝負の半月になります。
ちょっと勝負して高い目標にチャレンジする受験生も、
学力検査でしっかりした成績を残せば、
十分に逆転できます。がんばりましょう!
そして安全圏の高校に挑戦する受験生は、
慢心することなく本番で力を出し切れるように、
最期の詰めを怠らないでください。

地域の中学校では火曜日か水曜日に試験が終了し、
そろそろ結果が返ってきています。
うちの塾生たちも順次結果を報告してくれています。

しっかりと頑張り良い結果を残せたみんな、
頑張れば頑張っただけの結果が出ることがわかったと思います。

自分が思っていたほどの結果が残せなかったみんな、
悪かった結果で落ち込むのではなく、
どうすれば次のテストで良い結果がだせるかを考えましょう!
そうして、次のテストで今回の悔しかった思いを晴らしましょう!

私たちも塾生たちが持ってきてくれたテストを、
ただ点数を見ているだけでなく、
問題用紙に残された途中経過も見ながら、
どういう傾向で間違っているのか、
どういう問題は理解できているのかを、
一人一人しっかり分析し、
次のテストで結果を残せるように、
一人一人の指導計画や指導方法を考えていきます。

次の定期テストは新学年の1学期の中間試験、
そこに向けて春休みからしっかり準備しよう!

2019.02.22

大阪府の私立高校の入試も無事終わり、
3年生の塾生たちは全員志望校の希望のコースに
合格してくれました!

私立高校の入試が終わってホッとしたのもつかの間、
今日から富雄中学校と富雄南中学校では、
3学期の期末試験が始まります。
二名中学校も来週の月曜日から期末試験です。

富雄松陰塾では、試験1週間前からは
全員毎日塾に来てもらっています。
ちなみに試験対策で毎日来てもらうからと言って
追加の講習費などは頂戴しておりません。
塾生たちが頑張ってくれるのが、
私たちの何よりの報酬だと思っています。

実は1月中に1年生・2年生の全塾生に個別面談で、
高校進学について話をしました。
進学したい高校の希望、
私立高校を含めた入試の方法、
奈良県公立高校の内申点を含めた入試の点、
そして現状の通知表の点で自分がどのランクにいるか、
などなど一人一人としっかりと話をしました。

特に内申点につながる通知表の見方についても、
各教科のそれぞれの項目の評価の持つ意味などまで
しっかりと説明しています。
そして通知表の成績の重要性や、
そのために学校での日ごろの授業態度、
定期試験で毎回求められる提出物の重要性なども
しっかりと塾生たちと共有するようにしました。

塾生たちもこのあたりをしっかり理解してくれたようで、
今回は塾生たちに「学校の提出物、大丈夫か」と聞くと、
「数学のワークはあと1ページだけ、
 英語のE-PLUSは全部できました。
 漢字ワークは丸付けまでちゃんとできています。
 理科ノートが少し遅れていますけれど、明日にはできます。」
などと今までと違って具体的に答えてくれて、
各自がしっかりと意識を持って取り組んでくれているのが、
よくわかりました。

実際に試験対策で勉強している塾生たちを見ても、
今まで以上の真剣さで熱気むんむんです!
しっかりと準備できていれば、絶対に結果につながります。
塾生たち、実力を出し切るんだよ~

富雄松陰塾 の
【プロフィール】

 富雄松陰塾

 奈良県奈良市富雄北1-12-4 アゴラハイム1階

公式SNS

富雄松陰塾 の
【主に対応している公立小学校】

  • 青和小学校 [奈良市]
  • 鳥見小学校 [奈良市]
  • 富雄第三小学校 [奈良市]
  • 富雄南小学校 [奈良市]
  • 富雄北小学校 [奈良市]
  • 二名小学校 [奈良市]
  • 三碓小学校 [奈良市]


※その他の小学校にも対応しています。一度お問い合わせください。

富雄松陰塾 の
【主に対応している公立中学校】

  • 富雄中学校 [奈良市]
  • 登美ヶ丘中学校 [奈良市]
  • 二名中学校 [奈良市]
  • 富雄南中学校 [奈良市]
  • 富雄第三中学校 [奈良市]


※その他の中学校にも対応しています。一度お問い合わせください。

ページTOP