キープ塾を比較

「ほめて伸ばす!」 ほめる指導でやる気アップ。

 富雄松陰塾 塾ブログ

2021.01.07

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

22021年は年明け早々からコロナの感染拡大が止まらず、
首都圏だけでなく関西の2府1県でも
緊急事態宣言の発出を要請する動きになるようです。

奈良県内の私立高校の受験までは1ヶ月を切った時期ですので、
受験生たちが実力を発揮できるように、
少しでも感染拡大が落ち着いてくることを願っています。

こういった状況ですが、受験生たちにとっては最後の正念場。
富雄松陰塾では毎年受験生たちには、
通常お休みの日曜日や祝日にも来てもらって、
お休みなしで受験日まで最後の追い込みをやってもらいます。
今年も年明けから受験の終了日までは、
お休みなしで頑張ってもらいます。

私立高校の受験まであと1か月、
公立高校の一般選抜まででも約2ヶ月です。

それぞれ第一志望の高校に合格できるように、
本気で頑張っていきましょう!

2020.12.26

学校の教科の勉強はもちろん大切です。
しかしこういう力を身につけていたら、
学校の勉強ももっと楽になるのにと思う力があります。

その力はもちろん中学生にも必要な力です。
しかし中学生になると教科の勉強の質も量も
小学生に比べると格段にアップします。
その上中学生はクラブ活動で忙しくなる子も多いです。

ですから、少しでも余裕のある小学生のうちに、
学習の土台となる力を鍛えてもらいたいと考えています。

そんな思いで新しいホームページを立ち上げました。
小学生向け脳力開発講座
https://tomioshowin.com/

是非一読ください。

2020.11.09

地域の公立中学校では、
そろそろ中学3年生の進路希望調査票を提出する時期が近づいてきました。

富雄松陰塾では、中学3年生には9月から外部の模擬試験を受けてもらい、
結果が出るたびに保護者の方を交えて三者面談を行っています。
来週中に中学校に志望校の調査票を提出する中学校もありますので、
志望校の確定していない中学3年生には、
今週中に三者面談を行う予定でいます。

一番は本人の希望ですので、
夏以降3年生にはできるだけオープンキャンパスや説明会に参加するように話し、
今年の3年生の多くはクラブ体験も含めて参加してくれています。
ホームページやパンフレットを見るだけでは分からない
先輩や先生方を含めた学校の雰囲気を感じて欲しいと思っています。

同時に私立高校の先生方には、
模擬試験の成績や中学校での成績、
さらには一人一人の性格や長所をお伝えして、
合格可能性をご相談させていただいています。

これらのデータに基づいて、
三者面談では志望校を決めてもらっています。

今年も全ての塾生が自分が納得した高校に進学できるように、
精一杯サポートさせてもらいます。

2020.10.27

本日、奈良県内で開催される学習塾向けの入試説明会としては
おそらく今年度最後になると思われる奈良文化高校の説明会に参加してきました。

今年の奈良県の入試は高校再編に加えて、
奈良県立大学附属高校の募集がコロナの影響でなくなりました。
確かに昨年に比べて高円芸術高校の普通科と、
法隆寺国際高校の普通科で40名ずつ、
計80名昨年より募集人員は増えていますが、
奈良県北部で公立高校を目指している子たちは、
大変大きな影響を受けています。

そんなこともありますので、
富雄松陰塾では一人一人の状況に合わせて、
私立高校もおすすめさせていただいております。
特に今年は一定以上の成績を出してくれている子には、
特待生として入学金や授業料の免除してもらえる私立高校も、
選択肢の一つとしてお勧めさせてもらっています。

今年の受験生の中には、
既に私立高校から特待生として受け入れてもらえる子も出ています。
少しでも一人一人が「行きたい」と思える高校に進んでもらえるよう
私たちも精一杯サポートさせてもらいたいと思います。

2020.10.07

いよいよ明日で地域の私立中学校の多くでは、
2学期の中間試験の1週間前になります。
今年はコロナの影響で、例年と授業の進み方が違っている学校が多いです。
例年より遅れている教科もあれば、
例年以上のスピードで進み、
去年は2学期の期末試験の範囲だった単元をすでに終えている教科もあります。

富雄松陰塾ではできるだけ学校の授業より先に学習を進めてもらっていますので、
ほとんどの子は中間試験の範囲の勉強は終わってもらっています。
特に中学3年生ではこれから先の受験勉強を見据えて、
すでに3年生の学習範囲のほとんどを終えている子もいます。
先に進めている子はこれから1週間、
試験範囲をしっかり復習してもらい、
それぞれの目標の点をクリアしてもらえるように、
しっかりと試験対策授業を行いたいと思います。

ところで中学3年生たちに受けてもらっていた
9月の藤井と五ツ木の模試の結果が返ってきました。
昨日から順番に3年生の個人面談を始めています。
今回はまず保護者の方に30分ほどご希望をお聞きしてから、
その後塾生も交えて三者懇談でお話をさせてもらっています。

今回はどの子もよく頑張ってくれていて、
特に五ツ木では全塾生が今まで最高の偏差値を出してくれています。
例年五ツ木の模試は難しく、藤井より偏差値で2~3点低いことが多いのですが、
今回の結果を見るとどの子も藤井より逆に2~3点高い偏差値を出してくれました。

これらの模試の結果から志望高校の合格可能性や、
弱点分野の分析と対策について話をさせてもらっています。
また第一志望の高校や併願校についても具体的に考えてもらい、
それらの高校の入試説明会や相談会についても参加できるよう話をし、
それらの高校の担当の先生にも連絡をさせていただいています。

いよいよ志望校が具体的に見えてくる時期になりましたので、
一人一人の希望が叶うように、精一杯サポートしていきたいと思っています。

2020.09.28

富雄松陰塾では中学3年生には、
毎年9月~11月には外部の模擬試験を受けてもらいます。
中学3年生は、学校で受ける学力診断テストも毎月ありますし、
10月には中間試験、11月には期末試験とありますので、
相当タイトなスケジュールになるのですが、
より良い高校・より行きたい高校に進んでもらうために、
しんどいとは思いますが頑張ってもらっています。

今年も9月に受けてもらった模擬試験の結果が返ってき始めました。
模擬試験の成績だけでなく、学校で受けた学診の結果、
さらには学校の通知表の成績も合わせながら、
それぞれの子にあった高校を勧めたいと思っています。

ただそれ以上に大切なのが、本人の気持ちです。
実は今日も塾生の一人から、
ある高校について相談を受けました。

正直成績的にはかなり厳しい高校ではありますが、
本人が「行きたい」と思っている高校であれば、
私たちは精一杯サポートしたいと思っています。

私たちの今までの経験で、
本人が「行きたい」と思う高校であれば、
受験勉強を本気で頑張ってくれます。
そして良い結果に結びつくことが多いのです。

「行きたい」高校を受験するための併願校をどうするか、
合格するために必要な道筋をどう組み立てるか、
などなどこれから受験までに必要な事柄を
保護者様も交えて頑張っていきたいと思います。

2020.09.19

今年は新型コロナウイルスの影響で、
各私立高校の入試説明会が中止されたり
オンラインでの開催になったりしています。

一部の私立高校ではやはり現場を見てもらいたいと
入試説明会を実施していただいております。

富雄松陰塾は、オンラインであってもリアルであっても
可能な限り説明会には参加させていただき、
先生方の生の声を聴かせていただいております。
実際に参加させていただくと、
資料を見ているだけでは分からない
先生方の熱意を感じることができ、
塾生たちに高校を紹介するときに、
「あの高校は熱心な先生がいらっしゃるよ」
と自信を持って言えるようになります。

また先生方と直接お会いしてお話しさせていただくことで、
資料には書かれていないようなことも
ご相談させていただけるようになります。

今年参加させていただいた高校でも、
説明会の終了後に先生方に色々ご質問させていただき、
貴重なアドバイスを頂戴しています。

説明会で教えていただいた情報を基に、
塾生たちが高校に入ってから充実した高校生活を送れる学校、
そしてその後の大学進学に向けて一人一人にあった高校を、
塾生や保護者の皆様とご相談させていただき、
より良い進路指導ができるようにしたいと思います。

奈良女子高校入試説明会
写真は奈良女子高校の入試説明会です。

2020.09.07

今日は嬉しいことがありました!
卒業生で高校3年生の子が、
「指定校推薦の校内選考通りました」
と報告に来てくれました。

この子は中学1年生から3年生まで通ってくれた子で、
大阪の私立高校の受験の時にインフルエンザになり、
高校にお願いして別日程で受験させてもらったり、
公立高校も富雄からは進学する子がほとんどいない
少し離れた高校を志望したりするなど、
私にとってもとても印象に残っている子です。

中学時代には英語が大嫌いで、
「この世の中から英語なんてなくなったら良いのに」
なんてことも言っていました。

それが高校では、英語もしっかり勉強して、
指定校推薦をもらえる成績まで頑張ってくれたようです。

今年は大学入試制度がセンター試験から共通試験に変わる上に、
コロナの影響で受験生たちも準備が大変な年です。
そんな中でよく頑張って指定校推薦枠を勝ち取ってくれました。

まだ大学の面接試験など最後の関門は残っていますが、
とりあえず本当におめでとう!

2020.08.25

生駒市立の中学校は先週18日から2学期が始まっていましたが、
今日から奈良市立の中学校も2学期が始まりました。

2学期が始まったばかりですが、
3年生は明日は学診の日です。
学診とは、学力診断テストのことで、いわゆる実力テストです。

中学校の先生方が、進路指導をされる際には、
当然学診での成績を参考にされます。
学診は9月、10月、11月、1月の4回行われますが、
9月~11月の3回の成績が重要視されます。

3年生は受験生とは言え、
まだなかなか本気の受験勉強ができている子は少ないですが、
富雄松陰塾では先週から学診用の勉強もしてもらっています。

今年の3年生は全員緊張感を持ってし勉強してくれているので、
明日はきっとしっかりと実力を発揮してくれると思っています。

9月~10月に富雄松陰塾では、
秋期生募集キャンペーンを行いますので、
新しく塾に通いたい方や、
転塾を考えておられる方は、
お得なこの時期に検討してください。

2020.08.22

生駒市立中学校は、18日から2学期が始まりました。
そしてなんと上中学校では19日から1学期の期末試験が昨日まで行われていました。
上中に通う塾生は、お盆休みもそこそこに試験勉強。
よく頑張ってくれましたので、結果が返ってくるのが楽しみです。

ところで、富雄松陰塾は卒業生がよく寄ってくれます。
7月の期末試験の頃には、高校2年生になった卒業生が、
期末の対策でわからないところがあると寄ってくれました。

8月に入ってからは、私立高校に通う高校1年生の女の子が、
「期末試験頑張ったよ」と結果を見せに来てくれました。
なんと学年で2位になった教科もあり、
ほとんどの教科でクラスのトップ5の成績を取っていました。
中学の頃から真面目にコツコツと勉強してくれる子だったので、
高校でも真面目に勉強して良い成績を取ってくれています。
卒業生の頑張っている姿を見せてもらえると、
本当に嬉しいです!

そして今週の火曜日には、高校3年生になった卒業生が、
私立大学の指定校推薦を受けるための志望理由書で
「頑張って書こうと思うけど、文章にならない。助けて!」
と言ってきました。
自分で書けるやろ・・・と思うのですが、
「先生も私が中学校の頃から作文が苦手なんは知ってるやん」
と必死のヘルプでした。
志望理由書に書くべき、自分の中学・高校での経験や
将来の夢、志望校の魅力的な点などを箇条書きにまとめてごらんと
アドバイスしておきました。
すると昨日「箇条書きにはできたけど文章にできない」
と再び「手伝ってください」とやってきました。
二人で相談しながら何とか志望理由書にまとめることができました。

その後その子の同級生だった卒業生も塾にやってきて、
しばし女の子二人で思い出話やら現状報告で賑やかに話していました。
二人ともしっかりと成長した姿を見せてくれて、
それぞれの高校でしっかり頑張ってくれている様子が、
見ていて何よりも嬉しかったです。

次には「大学合格しました」の報告をしてくれることを待っています。

富雄松陰塾は中学生までを対象にした塾ですが、
たくさんの卒業生が気軽に寄ってくれて、
色々なことを相談してくれることが、
私にとっては何よりも自慢です!

富雄松陰塾 の
【プロフィール】

 富雄松陰塾

 奈良県奈良市富雄北1-12-4 アゴラハイム1階

公式SNS

富雄松陰塾 の
【主に対応している公立小学校】

  • 青和小学校 [奈良市]
  • 鳥見小学校 [奈良市]
  • 富雄第三小学校 [奈良市]
  • 富雄南小学校 [奈良市]
  • 富雄北小学校 [奈良市]
  • 二名小学校 [奈良市]
  • 三碓小学校 [奈良市]


※その他の小学校にも対応しています。一度お問い合わせください。

富雄松陰塾 の
【主に対応している公立中学校】

  • 富雄中学校 [奈良市]
  • 登美ヶ丘中学校 [奈良市]
  • 二名中学校 [奈良市]
  • 富雄南中学校 [奈良市]
  • 富雄第三中学校 [奈良市]
  • 上中学校 [生駒市]


※その他の中学校にも対応しています。一度お問い合わせください。

ページTOP