ジュクサガス

3000円
ユニバ進学教室石切校
無料で資料を請求する
キープ
ユニバ進学教室石切校
無料で資料を請求する

☆ 子どもの自己評価を確かめてみよう! ☆

まずは、ある結果が出た時の親子の会話例です。

子:「頑張ったのに、駄目だった」
親:「違うわ、頑張らなかったから駄目だったのよ!」
子:「でも、私、頑張ったよ!」
親:「あなたが、いくら頑張っても、他人はそれ以上に頑張っているのだから、
      あなたは頑張ったとは言えないわ」


さあ、この子どもは本当に頑張ったのでしょうか。
それとも、親の言う通り、頑張っていないのでしょうか。

親としては、なんとか親の望む結果を出して欲しいものですが、
あまり結果だけに拘り過ぎると思わぬリスクが生じる場合があります。

そのリスクとは

・自分自身の達成感に満足してはいけない
・常に、親(他人)を満足させなければならない

という自律とは、ほど遠い信念を持ってしまうことです。


そこで、以前、私が生徒に指導していた時のある生徒Aとの会話を
ご紹介します。


私:「テストどうだった?」
A:「(遠慮がちに)ちょっと良かった!」
私:「ほんと?(80点位とれたのかもしれないと思いながら・・・)何点だった?」
A:「49点」
私:「50点満点?」
A:「いいえ100点満点です。でもね、先生!前回30点だったのに、
   19点もあがったんですよ」
私:「(慌てて・・・)そうだね。頑張ったね」
A:「そうですよ。頑張りました」
私:「(気を取り直して・・・)それは良かった。次は、何点位とるの?」
A:「55点とれたらいいですね」
私:「今回、がんばって19点も上げたのに、次は6点アップじゃあ少なくないかな」
A:「確かにそうですね。でも、私、勉強得意じゃないから・・・」
私:「得意じゃないのに、30点を49点になったのは、まぐれだったのかな」
A:「まぐれじゃありません。私、頑張りました」
私:「そうだろ。得意でも、不得意でも、今回のように頑張れば、
   55点なんて目じゃないんじゃない」
A:「確かに・・・」
私:「単純に考えても68点は取れそうじゃない。
   キリが悪いから70点目指して勉強してみたら・・・」
A:「わかりました。70点目指します」


私からすると、最初のテストの結果は、とても満足のいくものではなかったのですが、
生徒にとっては、自分の努力の成果に満足していたのです。
次のテストでは、58点でした。
「先生、約束を守れず、ごめんなさい」と謝られました。
確かに、目標点数には届きませんでしたが、本当に前回以上のがんばりでした。

最初に、私が私の基準で評価をしていたら、
次の機会にこんなにやる気で頑張れただろうかと不安になりました。
この後は、生徒に結果を訊ねる時は、
「君はどう感じているの?」と生徒の気持ちを聞くようにしています。

親の理想は理想として、まずは子どもの気持ちを確かめてみるとよいでしょう。
「がんばった」、「がんばらない」の言い争いや思い違いからは、
子どものやる気の活力は生まれてこないからです。

まずは、子ども自身の結果に対する見方に共感するところから始めてみませんか。

1
検索項目を選択
現在地から探す
地域から探す
路線・駅から探す
オンライン塾から探す
条件で検索