ジュクサガス

3000円
ユニバ進学教室石切校
無料で資料を請求する
キープ
ユニバ進学教室石切校
無料で資料を請求する

”優秀な人材は第一子が多いらしい”…の「ホント」のところ。

大昔の話ですが、私が中学生だった時、
成績は10段階でつけられていました(最近は、5段階評価が一般的ですが)。
私の数少ない自慢話の1つに、中学1年生の1学期の成績が、
同学年の学年末には3段階あがったことがあります。

当時、担任の先生に「よくがんばった」と大変褒められたことを覚えています。
頑張れば、10段階評価で3段階くらいは上がるものだと信じるようになりました。
5段階評価にすると、1.5段階、よく言えば2段階アップにあたるでしょうか。

そして、指導者になった時、教え子の中学生の中に、
一年足らずで5段階評価で3段階あげた生徒に出会いました。
5が取れたとしてもスタートは2だったということです。
4であればスタートは1だったということです。
私自身の伝説が崩れた大変うれしい出来事で、今でも決して忘れられません。

なぜ、ここまで極端に上がったのか。
指導者であった私にもはっきりとはわかりません。
私の教科的な指導法が特別に優れていたとは全く思っていません。
ただ、昔読んだ本(魔法のコーチング)の内容を思い出しました。

その本では、アメリカにいる第一子(長男・長女・一人っ子)は、
35%ほどなのにもかかわらず、多くの職業の優秀な人材を調べてみると、
その40%から、職種によっては80%を第一子が占めているという情報を受け分析しています。
もちろん、生物学的に第一子が優秀だというのではなく、
多くの親が他の子どもに比べて、第一子に特別扱いをしている可能性を訴えているのです。
そのアプローチとは、「期待」「責任」「フィードバック」です。

第一子に対して、親はこの3つのアプローチをしがちだというのです。

「期待」とは、その言葉の通り期待をかけるということです。
今はできていなくても「貴方なら必ずできる」と信じて、
常にメッセージをかけ続けることです。
目標をイメージさせると捉えてもいいでしょう。

「責任」とは、役割を与えると言ってもいいかもしれません。
「お兄ちゃんだから、お姉ちゃんだから、妹や弟の面倒を見るのよ」とか、
「妹や弟の手本になってね」ということがありますよね。
これが、役割を与える、責任を与えるということです。

「フィードバック」とは、承認することです。
「あなたのやっていることはOKよ」とか、
「こうやってみたらどう?」というアドバイスも含まれるでしょう。


つまり、第一子に向けたアプローチが、
第一子のパフォーマンスを高めている可能性が高いというのです。

これは、パフォーマンスを挙げたいどんな子どもに対するアプローチの大きなヒントになります。
前述の教え子に何をしてきたかと思い出してみると、

最初の内は、確かにスラスラ問題を解くことはできませんでした。
しかし、説明を聞く姿勢も、その後の態度も大変素直でした。
必ずこの子は、80点取れると確信しましたし、本人にも
「こんな風に勉強していれば、必ず驚くように成績が伸びるし、
得意になるかもしれない」と言い続けましたし、
「それが実現すれば、数学が苦手な子どもの気持ちが分かるようになるし、
そんな君が数学の先生になったら生徒が幸せだ」とも伝えました。
目標をイメージさせたわけです。つまり「期待」をしました。

そして、授業だけでなく、家庭学習として宿題も課しましたし、
学習計画も立てさせ、計画的に学習するように伝えました。
つまり、「責任」を与えたのです。

承認活動は、適切な行動ではもちろん、不適切な行動があった時にも、
はっきり伝えました。もちろん、前述のような生徒でしたから、
褒めることが多かったし、即座に、その都度伝え続けました。
これが「フィードバック」です。

先ほどの本の内容の枠組みで振り返ると、
まさしくその通りにしていたなと今振り返れば思うのです。
もちろん、私のアプローチに応えてくれた教え子自身の努力による成果ではあります。

今のお子さんに対して、親としてもの足りない部分も少なからずあるでしょう。
しかし、「子どもは変われるものなんだ」と、改めて確信する日々にしていただき、
今回のアプローチの例を参考にしていただけたら幸いです。

0
検索項目を選択
現在地から探す
地域から探す
路線・駅から探す
オンライン塾から探す
条件で検索