キープ塾を比較
2019.02.02
勉強において意識すること①

こんばんは!桜塾です!!

我々が塾でよく言っていることがあります。

塾ブログでもよく書いております。

それは勉強をする際の目的です。

『○○高校、□□大学に合格したい!!』

といったものではありません!!

それはそれでもちろん大事です。

 

今回はそういう話ではございません。

例えば、英単語ひとつとっても、

単に、「like」=「~を好む、~が好きである」

と覚えればOKではありません。

それで解けるのは、定期テストでは最初の第一問くらいです。

そこから派生して、文章ではどう使うのか、品詞は、などなどまで考えて覚える必要があります。

『じゃあ、どこまで派生すれば良いのか?』

2・3手先までで充分だと思います。

社会だと、1582年、本能寺の変で織田信長が暗殺された。(1手目)

織田信長を暗殺した明智光秀は豊臣(羽柴)秀吉に山崎の戦いで破れた。(2手目)

とこれくらいでとりあえず良いと思います。

『何を当たり前なことを』と思われる方もいるでしょう。

特に歴史などはストーリー、流れで覚えるものですから、当然といえば当然です。

でも、それを小学生、中学生に伝えてどこまで自己判断できるのかです。

派生していけば、それこそ歴史はキリがありません。

それを自然とできる子は、とっくに成績がいいでしょう。

出来ないから、どこまでやれば良いかがわからないから、勉強に行き詰るのではないでしょうか。

話が戻りますが、今回の目的とは、テストで出されたときに解けるようになることが目的です。

極端な話、「1582年本能寺の変」と切り取られた記憶では、

「明智光秀が織田信長を暗殺した事件をなんというか」という問題には対応できません。

だから、1手2手先までは追っておこうという話。

そうして、2・3手先までを含んだ知識と知識が繋がって、一つの大きな知識を形成するわけです。

そのために、単品の知識をセットにしよう。

それはテストで解けるようにするため。

テストでどう出されるかを想定する訓練になります。

それを積み上げていけば、間違いなく、テストで結果は出ます!!

これは意識して実践することが大事です!!

それでもなかなか伝わらない場合もあるんですね。

なぜ伝わらないのか?

それは次回に持ち越し!!

この塾ブログをシェアする!

桜塾 上新庄校の
【プロフィール】

 桜塾 上新庄校

 大阪府大阪市東淀川区上新庄1-6-13-2F

桜塾 上新庄校の
【主に対応している公立小学校】

  • 新庄小学校 [大阪市東淀川区]
  • 小松小学校 [大阪市東淀川区]
  • 豊新小学校 [大阪市東淀川区]
  • 大隅西小学校 [大阪市東淀川区]
  • 豊里南小学校 [大阪市東淀川区]

桜塾 上新庄校の
【主に対応している公立中学校】

  • 淡路中学校 [大阪市東淀川区]
  • 瑞光中学校 [大阪市東淀川区]
  • 東淀中学校 [大阪市東淀川区]
  • 新東淀中学校 [大阪市東淀川区]
  • 大桐中学校 [大阪市東淀川区]

ページTOP