キープ塾を比較
2019.01.10
具体とイメージ。行ったり来たり。(パズル道場)

写真は入塾間もない子の様子です。はじめて取り組むパズルで少しつまずいたため、教具を使用して頭の中にどのようなイメージを作ればよいかを生徒自身で確認しています。

パズル道場で鍛えられる思考力。

空間認識力のレベルが上がってくれば、実物で再現することができない、もしくは時間がかかるものでてきます。例としては、立体の切断に関する問題です。「切断面はどのような形になるか」というようなもので、高いレベルの空間認識力が求められます。

 

パズル道場では、立体や平面などの空間認識力系のパズルでつまずいた場合は、「具体物」に立ち返るようにしています。平面のパズルであれば折り紙、立体ならば積み木やサイコロの実物を使用します。そうすることによって頭の中に図形をイメージする力を芽生えさせ、育てるのです。

ご家庭や学校では目の前の問題に根本からじっくり取り組む時間が取れない場合があります。その点パズル道場は無学年方式であり、1つのパズルにいくら時間をかけてもよいことにしています。そうすることで、必ず自力で問題を解くことになり、空間認識力などの思考力の獲得を担保することができています。

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加

この塾ブログをシェアする!

ページTOP