キープ塾を比較

ジュクサガスは通学の公立小中学校・合格実績・実施検定から塾を検索できる全国初の学習塾口コミ情報サイトです!

2018.06.20
限界を超えて伝えたいこと

「学習塾の限界を突破する!!」

創心ゼミ本部教室の窓に掲げている言葉です。
私たちは7年間常に限界を突破していくことを念頭に仕事をしてきました。
現在の創心ゼミは進学塾になりつつありますが
独立当初は少し状況が違いました。

あえて不良を受け入れた

設立当初はあえて不良と呼ばれるような子供たちを
積極的に受け入れをしていました。
不良が毎日通うということ自体が不思議なことですが
何かのご縁でそういうことが可能になる塾だったのです。

ただ塾に通ってはくれますが、当然勉強なんかしません笑
しかも常にトラブル続きでした。
中でも多いのは深夜の大脱走です。

22時に塾の授業が終わり、帰宅指導をしてからが毎日戦いでした。
だってそのまま帰るわけがないのです。
地域の公園でたむろするくらいなら巡視で見つけることができるので簡単です。

普段は公園やコンビニなのですが一番大変なのが夏休みです。
受験生の夏休みと言えば追い込みですが、不良の彼らからすると学校もなく開放的になってしまう時間です。
そうなると彼らの行動範囲が圧倒的に増えてどこに行ったか皆目見当がつかなくなります。
学習塾としては塾の授業が終われば責任を持つ必要はないでしょう。
しかし、私たちはここからも責任をもって子供たちと向き合っています。

家出騒動にも対応する

ある夏休みの夜、保護者から0時くらいにラインが来ました。
『家に帰ってきません』と。
私はちょっと遅めの夜ご飯を食べていたのですが、
すぐに捜索できる準備にとりかかりました。
しかし、夏休みの夜です。絶対に簡単には見つかりません。

しかし、今回は少し様子が違いました。
お母様がGPSで生徒の居場所を常に監視していたのです。(すごい)
そこでお母様に10分ごとにGPSでの位置情報を送ってもらい探しに行くことにしました。

どうやら塾からは自転車で2時間以上かかる場所にいるらしい。
私は当時使用していた原付に乗って近くまで行こうとガソリンスタンドに寄ると、
一緒に脱走している生徒のお父様もガソリンスタンドに車でお越しになっており、
一緒に探すことになりました。
私は原付をおり、お父様の車に乗り込み、いざGPSでつかんでいる場所へ向かうのです。

夜中の2時。ついに彼らを発見しました。
誰もいない広い草原で彼らは語っていました。

『俺ら大人になったらどうなるんだろうな』
『しらねー』
『それよりもかわいい女紹介してくんね?』

という会話だったような気がします。青春ですねw
でも当然未成年が外に出歩いてはいけない時間です。
すぐに子供たちのそばに駆け寄り、捕獲ですw
この話をすると大抵聞いている方は大変なことがありましたね。と言います。

でもお伝えしたいのはこの一回だけではありませんということです。
これがひどい時には一週間に一回同じようなことが起こるのです。
この話は6年前の話でしたが、つい一か月前にも似たようなことがありました。

今度は『家で暴れているから来てほしい』という連絡です。
すぐにバイクに乗り込みご自宅まで向かい、生徒と向き合うことになります。

一番向き合うべきところは。。。

創心ゼミは進学塾です。
こんなことする必要ないよ!というのが一般的なご意見だと思いますし、
実際に何度も多くの方からご指摘をいただいています。
しかし、今後も私はこの方針を取り下げることはありません。
私はこのようなことが起こるたびに思うことがあります。

お父さん!お母さん!
あなたたちに原因がありますよ!ということです。

子供がなぜこのような表現をしているのかしっかり考えたことがありますか?
子供が悪いとか、友達が悪いと思っていませんか?
答えはNOです。

大人の責任です。

だから私は上記のような行動を続けているのです。
子供に問題があるという認識で叱ってほしくないからです。
大人にもっと感じてほしい。
だから私みたいに動く大人が一人くらいいたっていいんじゃないでしょうか?

子供のSOSに耳を傾けてあげてほしいのです。
ご両親に気づいてほしいのです。
だから私は常に限界を突破し続けます!!

この塾ブログをシェアする!

創心ゼミ 夢いろキャンバスの
【プロフィール】

 創心ゼミ 夢いろキャンバス

 東京都大田区南久が原2-7-9

ページTOP