キープ塾を比較

ジュクサガスは通学の公立小中学校・合格実績・実施検定から塾を検索できる全国初の学習塾口コミ情報サイトです!

「ほめて伸ばす!」 ほめる指導でやる気アップ。

 富雄松陰塾 塾ブログ

2018.06.08
2020年改訂の学習指導要領での英語教育

本日は朝から、教材などを仕入れさせていただいている会社主催の
教育情報セミナーに参加させていただきました。

教育情報セミナー

主な内容「2020年の新学習指導要領実施へ」と言うことで、
学習指導要領の改訂のポイントや
その中で特に大きく変わる英語教育について、
またプログラミング教育の導入などについて
説明をしていただきました。

英語教育で大きく変わるのは
現行の中学校の英語の試験で実施されている3技能
(Listening=聞く、Reading=読む、Writing=書く)が
4技能(3技能に加えてSpeaking=話す)になると言われていましたが、
さらに5つの領域にということで、
話すが、いわゆる会話の「やりとり」と、説明などの「発表」に分類されています。
会話でコミュニケーションするだけでなく、
自分の意見をプレゼンテーションできる能力が求められています。

そんな中で、小学校英語もすでに先行的な取り組みとして
奈良市内でも一部の小学校(この辺りでは富雄第三小学校)で
小学校5年生・6年生に年間70時間の英語教育を始めています。
実はこの小学校の英語で、
現行の英語教育では中学校1年の後半~2年生で習う
不規則変化の動詞を含む過去形などが含まれており、
また高校で習っていた内容が中学3年生に降りてくるなど、
かなりの変化が起こることになります。
現小学校5年生は中学2年生から
新指導要領で改訂された教科書を使うことになりますので、
高校入試においては新指導要領に基づいた入試が行われます。
先行実施で英語教育をしていない小学校で学んだ子にとっては、
その内容が習っていないにもかかわらず、
習ったものとして学習しなくてはならなくなるケースも考えられます。

富雄松陰塾としましても、
現在の小学校4年生・5年生については
早急に教材の整備などを進めて、
新指導要領の元でも英語嫌いにならないように
早い段階から指導できるようにと考えております。

少し長くなりましたが、今回は新指導要領での英語教育について
今回のセミナーでの概略のみをお伝えさせていただきました。

この塾ブログをシェアする!

富雄松陰塾 の
【プロフィール】

 富雄松陰塾

 奈良県奈良市富雄北1-12-4 アゴラハイム1階

公式SNS

富雄松陰塾 の
【主に対応している公立小学校】

  • 青和小学校 [奈良市]
  • 鳥見小学校 [奈良市]
  • 富雄第三小学校 [奈良市]
  • 富雄南小学校 [奈良市]
  • 富雄北小学校 [奈良市]
  • 二名小学校 [奈良市]
  • 三碓小学校 [奈良市]


※その他の小学校にも対応しています。一度お問い合わせください。

富雄松陰塾 の
【主に対応している公立中学校】

  • 富雄中学校 [奈良市]
  • 登美ヶ丘中学校 [奈良市]
  • 二名中学校 [奈良市]
  • 富雄南中学校 [奈良市]
  • 富雄第三中学校 [奈良市]


※その他の中学校にも対応しています。一度お問い合わせください。

ページTOP