キープ塾を比較

ジュクサガスは通学の公立小中学校・合格実績・実施検定から塾を検索できる全国初の学習塾口コミ情報サイトです!

全員が100点を目指す塾ではありません、一人ひとりの課題を解決する学習塾です

 個別学習塾マイペース 塾ブログ

2018.03.07
塾をどう探すか
こんにちわ、代表の河本です。

初のブログは「塾の選び方」についてです。
学習塾マイペースのブログに掲載しているものと同じなのですが、
塾を探されている方の参考になるかと思い転載させて頂きます。
私たちの見解ですので、あくまで参考として読んで頂けたら幸いです。



毎年この時期になると塾への問い合わせが増えてきます。
その中で特に多いのが
「どこの塾に行かせればいいの?」

という事です。本当にごもっとも。昨今塾は沢山ありますし、特色も多々です。

という事で、どんなお子さまにどんな形態の塾が合うのか、ざっくりまとめてみました、宜しければご覧下さい。

まず、塾の形態ですが、大きく分けて

[集団指導]
[個別指導]

の2つに分かれていきます。

集団指導のメリットとしては、
●塾に多くの生徒がいるため、生徒指導のノウハウが多い。
●月謝が比較的安い

デメリットとしては
●集団授業なので休んでしまうと置いて行かれる可能性
●勉強しているかどうかは自己管理なので、さぼってしまうと置き去りにされてしまう。
●自分の苦手な所だけをやりたい!という訳にはいかない

などが考えられます。

一方個別指導ですとメリットとしては、
●分からない所をすぐに質問しやすい
●個人の目標にあった勉強が出来る
●さぼっていることが先生に伝わる

など、生徒に近いところに先生がいる事でのメリットです。

デメリットとしては
●月謝が集団授業より比較的高い


ということです。

最近では[個別に指導はするけどもずっとそばにいるわけではない]形態が増えています。私達の塾もそうです。

生徒が自ら考えて問題を解いている間に他の生徒を指導しています。これが最近増えている
[1対多数]の個別指導です。

指導の形としては個別指導ですが、ずっと隣にいないわけです。そのかわり月謝としては個別指導と集団授業の真ん中くらいの相場となります。



[やる気のある&成績がオール3以上~オール4くらいのお子様]
このカテゴリーのお子様は、勉強のやり方を選べます。何故なら、
ポテンシャルはあるけど発揮の仕方が分からない
ので、少しやり方や点数を取るテクニックを覚えるとするするっと順位が延びていく事が多いからです。

その場合集団指導でも個別指導でも伸ばしていける可能性があります。

自主的に勉強に対する目標を立てられる生徒さんや、競争心の高い生徒さんは集団授業でやっていけると思います。

あまり競争心が無くのんびりしているお子様や苦手な科目があって重点的に強化したいなど個人の悩みがある場合は個別指導の方が向いているかもしれません。


[現在授業についていけていない、目標がない、成績がオール4を超えている生徒さん]

については個別指導をお勧めします。
理由としては、
●学校の授業に付いていけていない場合集団授業の授業にもついていけない場合がある
●目標がない→やる気が起こらない→成績が伸びないの悪循環の恐れがあるため、その生徒のやる気を引き出すために生徒の個性を把握してもらう必要がある
●成績がオール4を超えている場合、自分で学習が出来ている。それ以上成績を伸ばすためには個々の足りない能力を把握して細かな指導が望ましい

からです。


さらに個別指導には1対1や1対複数など指導体制に違いがあります。

一般的には、
[1対1]
●月謝が高い
●解説をして問題を解くまでずっと見ていてくれる
●先生のスキルにや相性によって効果が左右されやすい
●先生がアルバイトな事が多い
●他の生徒との交流はあまりない

[1対複数]
●1対1に比べて月謝が安い
●複数を指導しているため、問題を解いている間は先生は他の生徒の指導をしている
●先生が上手く授業を回せないと何をしていいか分からない状態になってしまう可能性がある
●先生は社員だったりアルバイトだったり様々
●他の生徒との交流が1対1に比べて多い

といった特徴があります。
一つずつ解説していきます。

●月謝
→もちろん1対1の方が月謝が高いのは当たり前ですね。その分すぐに質問出来たり問題を解いている際に間違っているとすぐに指摘してもらえたりするメリットがあります。

●指導
→1対1はずっと隣にいるためにすぐに質問が出来る状態に対して、1対複数であればすぐに質問したい時に少し待たなければならない状態が出来るかもしれません。これがどのくらい大きな影響になるかというと生徒それぞれなのですがまず勉強の順序から紐解いていきます。
勉強とは、
やり方を教わる→実際に解いてみる→解いてみるうちに分からなかった事を質問する→教わる→問題を解く
といったサイクルです。

生徒は問題を解く時間が必ず必要なのですね、この時間は先生がいようがいまいが自力です。先生は基本その解き方を見ているのが1対1です。その違いに対して少々高い月謝を出すかどうかは生徒さん次第です。
「それなら宿題で問題を解いて授業中は質問と新しい事を教わる時間にすればいいじゃないか」
と言われると、本当にその通りだと思います、一番効率的な塾の使い方だと思います。そういったやり方が出来れば非常に1対1の指導は有意義に使えると思います。

●先生の指導について
これは1対1でも1対複数でも共通なのですが、スキルや相性によって結果が左右されやすいです。
その中でも、1対1は相性が大事になりますね。また、先生側からしても1対1の方がその生徒に集中して指導が出来るので余裕をもって指導する事が出来ます。
逆に言うと、指導レベルの高い先生であれば、1対複数でも1対1と同等の指導が出来るという事もあります。これは各塾の先生のレベル次第ですので体験授業を受けてみないと分からない所ではあります。

●先生が社員かアルバイトか
これは社員がいいかアルバイトがいいかは生徒さんそれぞれですが、学生のアルバイトさんであれば年が近く色々な相談をしやすかったりしますが、指導ノウハウが少なかったり、大学生であればテスト期間中に長期でお休みをしたり、就職して辞めてしまったりという事もあります。社員さんであれば指導ノウハウを多く持っていたりしますが、相性が合わない場合に先生の変更が出来ないという場合があります。

そして、なぜ1対1の方がアルバイトさんの可能性が高いかというと、料金の問題です。ただでさえ1対1ですと月謝が高いのですが、社員さんとなるとやはりもっと月謝を高くしていかなければなりません。


●他生徒との交流
ここでいう交流とは、他の生徒とのコミュニケーションも一つなのですが、大きな点としては[他の生徒がどんな勉強をしてどのくらいのやる気でもって勉強をしているか]を見ることができるかという事です。

生徒さんの性格が「周りに左右されずマイペースでやりたい」という事であればなるべく他の生徒が目に付かない方がいいですし、周りと切磋琢磨していきたいという事であれば交流がある方が望ましいといえます。

以上塾の選び方についてお伝えしていきました。
こういった記事は毎年書いているのですが、一番いい塾の選び方としては結局体験授業を受けて本人がやる気をもってやれるのか、という判断かと思います。

また、塾に入ったからすぐに成績が上がる生徒は稀です。そういった生徒は元々勉強に抵抗がなく、少しのアドバイスでぐんぐん伸びていった生徒か、今まで全く何もやってこなかった生徒です。

長い目で見て、最終の目標に達する事が出来るか、を判断して塾を選んでいただければと思います。

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加

この塾ブログをシェアする!

個別学習塾マイペース の
【プロフィール】

 個別学習塾マイペース

 愛知県日進市浅田町茶園38 浅田区民会館3階

公式SNS

「友だち登録」で最新情報をお届け!

友だち追加

個別学習塾マイペース の
【主に対応している公立小学校】

  • 赤池小学校 [日進市]
  • 西小学校 [日進市]
  • 香久山小学校 [日進市]
  • 東小学校 [日進市]

個別学習塾マイペース の
【主に対応している公立中学校】

  • 牧の池中学校 [名古屋市名東区]
  • 日進西中学校 [日進市]
  • 日進中学校 [日進市]
  • 日進北中学校 [日進市]
  • 日進東中学校 [日進市]

ページTOP