キープ塾を比較

一人ひとりに合ったカリキュラムに基づく自立型個別指導の学習塾。幼児・小学生~高卒生が対象。中学受験・高校受験・大学受験・看護専門学校受験など。英会話教室、読書くらぶ、ロボット教室併設。

 川浦教育システム 塾ブログ

2019.12.01
12月14日夜~15日未明 「ふたご座流星群」!

れ星に願いごとをするとかなうといわれ ていますが、流星を見つけるのは容易ではありません。

などの観察では「ダメモト」の精神で臨まないといけませんが、たとえ目当てのものが見つからなくても、宇宙に思いを寄せながら夜空を見上げているとなぜか頭がすっきりするものです。またロマンチックな気持ちで空想にふけるのもいいし、遠いところをながめるのは目にとてもいいみたいですよ。

やい時間帯に観測できるのが三大流星群の一つである「ふたご座流星群」の特徴です。三大流星群の残りニつは、「りゅう座流星群」(1月初め)と「ペルセウス座流星群」(8月中頃)です。

つもの年のように、今年も12月中旬にふたご座流星群の活動があります。12月5日~20日の期間に出現が予測され、12月15日午前2時頃がピーク(極大)と見られます。ふたご座の高度の関係で、午後10時ごろから、ふたご座が天頂にのぼる午前1~2時まで頃が観察に適しています。この流星群の活動は広範囲なので、天気さえよければ何がしかの流星に出会えそうです。今年は12月12日が満月で、14日から15日にかけては、一晩中月明かりが邪魔をして、観察条件はあまりよくありませんが、この流星群の流星は明るいものが多いので、ダメモトの気持ちで臨みましょう。前後1~2日くらいもチャンスは非常に大きいと思われます。

まは有名なオリオン座が簡単に見つけられる 時期です。オリオン座が見つかれば、次に「冬の大三角形」を見つけます。オリオン座を構成する左上オレンジ色に輝く「ベテルギウス」、その「ベテルギウス」のずっと下の方に少し青みがかった感じで明るくギラギラ輝くおおいぬ座の「シリウス」、それら2つと左の方におおまかな正三角形を構成する、こいぬ座の「プロキオン」これらが「冬の大三角」です。ふたご座は、「冬の大三角」と左上にひし形構成するような場所を想定すると、それよりも少し下あたりに、あるいは、「ベテルギウス」と「プロキオン」を結ぶ線を、「プロキオン」から右にほぼ直角に引いた線上に、2つの明るい色の星(「カストル」「ポルックス」)が見つかると、それがふたご座です。

るの比較的高い天空で、ふたご座流星群の観察ができますが、座って高い空を見続けると首が痛くて大変なので、寝転がって観測する方が楽です。ゴザと毛布とマクラ持参での観測をお勧めします。ダンボールや寝袋も重宝です。最後に、観測してみようという人は、何日か前から就寝/起床などの生活とリズムを調整し、防寒など健康面にも十分配慮して、天体ショーを期待しましょう。なお、深夜の外出を伴う場合は、必ずご家族の同伴や了解・許可を得た上で行動してください。寒い時期なので特に防寒に気をつけてください。また懐中電灯もお忘れなく。 

futagoza.gif

 
 

この塾ブログをシェアする!

川浦教育システム の
【プロフィール】

 川浦教育システム

 大阪府岸和田市春木若松町13-27 山忠ビル3F

ページTOP