キープ塾を比較

阪急伊丹、JR伊丹周辺の塾なら、受験合格と成績UPで定評の個別指導アクシス伊丹校へ!学校の教材、やりたい教材・内容、自分に合ったレベルで学習できます! SONYのロボ・プログラミングも開催中!

 個別指導Axis(アクシス) 伊丹校塾ブログ

2019.05.20
はやぶさ2津田雄一管制官に令和のリーダー像を見た

宇宙航空研究開発機構JAXAの管制官で探査機はやぶさ2のプロジェクトマネージャの津田雄一准教授にIOT社会~AI時代を超えていく卓越したリーダシップ像を見ている。はやぶさ2は6月末にも小惑星のリュウグウに2回目の着地で地下物質採取を行う予定だが、4月に弾丸発射で作製した人工クレーター付近に着地し、世界で初めて小惑星の地下物質を採取するが、大きな岩石などが多いと判明すれば着地しない、若き指揮官の津田雄一先生(東大・航空宇宙工学出身で同期に宇宙飛行士でパイロットの大西卓哉氏)は「成果が出るよう準備を積み重ねるが、着陸するかは冷静に判断すると述べている。あの柔和な笑顔から、キラリと鋭く光る深い眼を見て、理系研究職の冷徹沈着な思考回路を感じる。その昔、当方が小学生の昭和の時代には、旧阪急伊丹駅舎の複数の古びた巣に、毎年、ツバメが帰ってきていた、うずくまってキョロキョロする、柔らかそうなえんじ色の頭をした何千キロも南の台湾や東南アジアで冬を越してきた春の使者、必ずしも同じ個体、つがいが無事戻るとは限らないらしい。僕ら子どもが見上げてかける言葉は亡き父親に教わった挨拶言葉のおかえり!だった。ツバメが低く飛ぶと雨が降るとの観天望気(天気のことわざ)、ツバメの巣は快適な場所に作るので上昇志向で家的に縁起が良いとのことわざ(因みに富と繁栄の象徴、スズメの巣も厄除けにて上杉家、伊達家の竹にスズメの家紋で吉兆の吉鳥)と併せて教わったが、ツバメは今や農作物を食べずに昆虫を食べる絶滅危惧の癒しの益鳥だ。地球から3億キロかなたの小惑星リュウグウで進む探査機「はやぶさ2の計画は今のところ順調で、発射実験も大迫力だった。ドクタースランプのアラレちゃんの地球割りみたいに肝心のリュウグウ自体が割れないか心配してしまったが、無事に大成功して何よりだ。弾丸の直撃で飛散した破片に当たらないように、必殺仕事人のように探査機はスタコラサッサとリュウグウの陰に消えて隠れる宇宙かくれんぼの見事さとまるで人間、いや忍者のような余裕の仕事ぶりで、これは最先端の技術とアイデアに加えて、苦労の連続だったはやぶさ初代号の失敗と経験の成果に違いない。リュウグウ表面のクレーターや岩石には、日本らしい名前がついている、ウラシマ、キンタロウ(ウラシマなら普通にタロウではないのかいな??)、モモタロウにキビダンゴ、オトヒメ、タマテバコなど、JAXAのはやぶさ2特設サイトには記されていてAUの桐谷健太、松田翔太、濱田岳、菜々緒が浮かび面白く失礼にもマジ吹き出すが、平成に出発し長い旅を終えて戻るのは来年末、東京五輪を終えたこの令和の世だ。ツバメたち同様にトラブルなく巣に戻るという最大のミッションを、リーダーの判断力、思考力で粘り強くぜひ完遂して欲しい。ほぼ完璧だったピンポイントタッチダウン法での着陸ミッションの裏にはカメラが誤作動した「What's going on?」なる場面、困難もあったが、中止を乗り越えたものは、着陸がうまくできなかった初号機の100倍もの神様が設定した如きの訓練感覚で諦めずに落ち着いて発揮された津田指揮官のできるという確信、チームワーク力と周到な準備をしたうえでの3000項目ものプログラムの書き換えと降下速度倍速への挑戦だった。機体設計経験もありJAXAのみならずNECら協力メーカー、神戸大学や海外の名だたる顔役の研究者など600人以上のチームの統括責任者の若き津田管制官は、方向性を示したのは自分だが、各チームが自分たちからやるべきことを見つけてすぐに取りかかり、的確な答えを返してくれる、みんなそれぞれ役割があって、その役割を全員が力いっぱい発揮できるチームにしようとしてきた、必ずしも私の意見を聞いてくれるわけではない、その中でいい道を皆で決めていくこのチームは素晴らしい、成功への道筋は一本道ではない、たくさんの失敗と経験が必要で初号機の失敗を踏まえたシミュレーションで訓練していたからだと謙虚に寛容に振りかえってもいる。はやぶさ2のメンバーは次に最難関といわれるインパクタ装置でいよいよ小惑星の内部観測する世界初のミッションに挑むのだ、リターンできたら誰もが一番心に沁みる挨拶、お帰り!!の言葉を掛けれるのが待ち遠しいぞ。私ら昭和世代では、宇宙ロケット開発の父の故糸川英夫博士がペンシルロケットでリスペクトされていて、超低コストな民間の堀江貴文氏(IST)のMOMO3号機の執念の成功も本当に起業家として素晴らしい。私はロボットプログラミング受講生と進学校の高校生から、管制局員やフライトディレクタになるには一体どんな勉強をしたらよいかと目を爛々と輝かせ真剣に質問されたが、ズバリ専門は、航空工学、電子工学、人間工学などさまざまだが、どこの大学でどのような勉強をしたかということよりも、人工衛星の追跡管制やロケット打上げ管制の実務経験の方が重視されるから、広い分野の知識や経験に加えて、決断力、リーダシップ、忍耐力、協調性など、人間性の面も重要だろうと助言した。またフライトディレクタの任務を遂行するには国外の人々の協力が不可欠だから、意志疎通の共通手段としての語学力、対話コミュ力はマストでこの点は宇宙飛行士も同じだ。本校では、遂に本夏から小1と小2の本格アプリを活用したプログラミングの新講座カリキュラムを開講するが、これからの文理区別なき融合時代に欠かせないIOTもAIをも牛耳って困難をタフにビヨンドボーダーできる思考回路とリーダーの判断力、表現力、創造力、想像力、準備力、処理力が小学低学年から確実に知的素地として予め将来芽吹いて発酵できるようその可能性を刷り込んでおける。2023年商業化を含めた本格的宇宙事業と世界宇宙構想の令和の次世代JAXA管制官とNASA宇宙飛行士を本校からも輩出できるやもしれず、私には夢想花咲かしが尽きないが、本校にて体験希望と受講を賜れるので、厚き大志の生徒の来校を待とう。

この塾ブログをシェアする!

個別指導Axis(アクシス) 伊丹校の
【プロフィール】

 個別指導Axis(アクシス) 伊丹校

 兵庫県伊丹市西台1-1-1 阪急伊丹リータ5F

個別指導Axis(アクシス) 伊丹校の
【主に対応している公立小学校】

  • 塚口小学校 [尼崎市]
  • 尼崎北小学校 [尼崎市]
  • 武庫東小学校 [尼崎市]
  • 有岡小学校 [伊丹市]
  • 荻野小学校 [伊丹市]
  • 南小学校 [伊丹市]
  • 鈴原小学校 [伊丹市]
  • 天神川小学校 [伊丹市]
  • 緑丘小学校 [伊丹市]
  • 鴻池小学校 [伊丹市]
  • 稲野小学校 [伊丹市]
  • 摂陽小学校 [伊丹市]
  • 昆陽里小学校 [伊丹市]
  • 花里小学校 [伊丹市]
  • 神津小学校 [伊丹市]
  • 瑞穂小学校 [伊丹市]
  • 伊丹小学校 [伊丹市]
  • 池尻小学校 [伊丹市]
  • 桜台小学校 [伊丹市]
  • 笹原小学校 [伊丹市]


※伊丹市、尼崎市等の小学校をメインに私立小学校も対象にしています。

個別指導Axis(アクシス) 伊丹校の
【主に対応している公立中学校】

  • 塚口中学校 [尼崎市]
  • 武庫東中学校 [尼崎市]
  • 荒牧中学校 [伊丹市]
  • 笹原中学校 [伊丹市]
  • 松崎中学校 [伊丹市]
  • 西中学校 [伊丹市]
  • 天王寺川中学校 [伊丹市]
  • 東中学校 [伊丹市]
  • 南中学校 [伊丹市]
  • 北中学校 [伊丹市]


※伊丹地域の公立中学校の生徒のみならず、京阪神の中高一貫校の私立中学生も広くカバーしています。

ページTOP