キープ塾を比較
2019.04.15
校舎長挨拶

「みなさんは何のために勉強をしますか?」

私は学生時分にこの答えを持ち合わせていないばかりに不必要な回り道を多くしてきたと思います。

当時の私はただ大学に進学することだけを考え、漠然と毎日課される宿題や受験勉強をしていました。

私の家の家訓は「自己責任」でした。

高校までは親の援助が約束されていましたが、大学からは自分で全てやるように言われていたので、

学費を稼ぐために学校終わりにアルバイトをしていましたね。

そのため他の受験生と比べると勉強に使える時間は多くはありませんでしたし、

ただ進学するという漠然とした目標しか持ち合わせていなかったものですから、当時は働くことを選択した自分は間違っていないと思っていました。

何とか、地方の私立大学へ進学した私は、そこで燃え尽きてしまったように思います。

大学では、農業経済学を専攻し、研究や調査こそ学問の楽しみを見出せていましたが、それが本当にやりたかったことなのか?と問われると肯定的な答えが出せませんでした。

4年間という時間で学んだことは、その後の進路にあまり生きてきませんでした。

他の同級生と同じようにサラリーマンを選んだ私は、やはりやりがいのないまま毎日働き、その後会社を辞めています。

失業前に当校の塾長鴨井氏と出会い、氏の思想や、教育に置ける理念に感銘を受けこちら慶早進学塾岐阜校で働かせていただくことになりました。

少し、自己紹介が長くなりましたが、私から言いたいのは「みなさんは何のために勉強しますか?」これに尽きます。

ただ、難関と言われている良い大学へ進学するという目標だけ持って受験するだけでは、足りません。

私は将来これがやりたいから。こうなりたいから。その大学へ進学したいんだ。という確かな目標を早くから持つ必要があります。

私は自分の生徒たちに、回り道をさせることはしたくありません。

お節介や時にうっとうしく思われても、生徒一人一人の夢を語り合い、見出して行くことが私のミッションだと考えています。

進路に迷っている学生諸君!私たちと夢を見つけ、共に成長していきましょう!

 

岐阜校 校舎長

波多野 雄輝(はたの ゆうき)

この塾ブログをシェアする!

慶早進学塾 岐阜校の
【プロフィール】

 慶早進学塾 岐阜校

 岐阜県岐阜市金宝町1-8 プレシャスアカオ2F

ページTOP