お子様にピッタリ合った指導法で400点以上を目指す塾 (個別セッション/スーパー飛び級学習)

設立年月
1988年 04月
住所
〒558-0003 大阪府大阪市住吉区長居3-3-25 メゾン住吉壱番館1階ー5
TEL
0666950181
HP
https://hirakawa19.jimdo.com/
最寄り駅
JR西日本 阪和線(天王寺~和歌山) 長居 240m
大阪市交通局 大阪市営地下鉄御堂筋線 長居 300m
基本情報
●授業形式
●対応学年
●その他
※定期テスト対策: ※ 定期考査10日前から終了前日までは、コースの別なく学習曜日と時間はフリーになります(この期間の授業料については追加請求致しません)。
※入塾試験: まずお母さんお父さんのご相談をお伺いし、その後お子様も交えて、懇切丁寧にお答えします。
 この塾の紹介コメント(口コミ)
コメント件数 0
この塾の紹介コメント(口コミ)はありません。
 最新の塾ブログ(お知らせ)
塾長の課題が、また増えました 2017.12.12
音読の大切さが世に言われ始めて
しばらくを経ていますが、
今日、ZOOM授業をしていて、
私に向けて問いただされるような、
そんなシーンに遭遇したのです。

一言で「音読」といっても
いろいろあるんやないかと・・・

例えばこんな感じですね。

初めて接する文章を音読して、
それで理解が深まるか?

とにかく音読と称して、
学習者(特に低学年期の子どもさん)が
望みもしないことを
無理矢理にさせられたとしたら、
国語が苦手な子どもさんは
なおさら国語を敬遠するように
なるのでは?

中には音読を好まないけれど
黙読なら良しとする子どもさんがいる。
この子に対して音読は必要か?

黙読を好む子にはまず黙読をさせ、
読解問題を解くときに
指導者とやり取りをしながらでも
理解を深めることは
じゅうぶん出来ます。
その後にまとめとして音読させると
どのような結果が生まれるか?

などなど。

細かく分けるともっと
いろんな疑問が生まれてくるのですが、
自分が小学低学年期は
どんな子やったかと言うと、
音読を望んでいなかった子でした。

でも、必ず新しい単元に入る前は
「お家で読んで(音読して)
きましょう」という宿題が出され、
特に親父様に無理矢理読まされた
記憶があります。

「無理矢理」なので、
私自身の意思はスルーされています。

なので、本を読むのが決定的に
キライになりました。


これが、例えば、
将来アナウンサーになりたいという
夢を持っている子であれば、
まず音読ありきでしょうし、

その音読は、
文字を音声に代替えするような
いわゆる作業的なものではなくて、

自分の感情を込めたり
抑揚を付けたりして、
工夫を凝らす面白さを味いながら
楽しく音読することになるでしょう。

でも、こういう子どもさんは
とても少ないかもしれませんね。

ピアノ弾き(ピアニスト?)に
なりたくって小学6年生のときに
突然ピアノを習いたいと言い始めた私。

身体があまり丈夫な方では
なかったこともあり、
何かと理由をつけては
私を戸外で遊ばせたり運動させたりして
身体を鍛えさせようとしていた
親父様の思惑と
真っ向からぶつかりました。

ピアノを習い始めると
ますます戸外に出なくなることで、
身体が丈夫にならないまま
成長するのではないかという
親父様の愛情の表現だったとはいえ
当時の私に理解できるはずもなく、
親父様が根負けする形で
しかも親父様からの応援の約束まで
取りつけるという強引さで、
自分の意思を押し通したのです。

その後は親父様が
最大の応援者になるとはいえ、
ある目的に目覚めると
子どもって
ものすごい力を発揮するもんやと
思うのですね。

その後、バイエル教則本を
8か月で終え、4年後には
ベートーヴェン・ソナタや
ショパン・エチュードのレッスンを
師匠から受けていましたので、
強烈な自分の意思で進んだ結果として
「音楽のスーパー飛び級」を
していたんですね。

当の本人である私には
それがあたり前だったから、
そんな意識はありませんでした。

ですから逆に教える立場になったとき、
親御さんからの
「ウチの子に練習するように
言っていただけませんか?」という
訴えの意味が理解できませんでした。

別に上から目線で
言っているのではなくて、

ピアノを習いに来ているんやから、
練習なんて自分からするのん
あたり前とちゃうのん?

それが普通だと思っていたからです。

だってキライやったら
習いに来(け)えへんし・・・!

それが当時の感覚でした。
ですから、教えるのを辞めたのです。
自分の演奏の研究の方が
余程におもしろかったからです。

今から考えたら
ナンという傲慢な・・・!


「当時」とは、
私が二十歳代のときです。
あくまでも自分の世界が中心。
それが普通だと思っていました。

まあ、そこまで強烈ではないにせよ、
親子ですから、
思考パターンの奥底の部分では
おそらく繋がっていると思いますが、
表に出される、いわゆる表現の仕方は
全くの別物になることも
少なくありません。

自分の事例をさらに出して
恐縮ですが、
私が生徒に叱っているときの姿は
親父様そっくりだと
オフクロ様から
言われたことがあります。

これこそ奥底の部分。

スポーツが大好きだった親父様と
それが大キライで
音楽の方を向いていた私とでは
おもしろいと感じる分野が
似ても似つかないわけで、
これが脳タイプの違い、
いわゆる
思考パターンの違いなのです。

そういう経験で観たとき、
「音読は大切だ! 
 さあ右へならえ!」では、
子どもの思考パターンに
寄り添うことは
出来ないのではないかと
思うのですね。

二十歳代の傲慢さから
よくぞここまで考える裾野を
広げることが出来るようになったなと、
自分で自分を褒めたいような・・・

これでも30余年を経ましたから、
たま~に遊びに来てくれる
第1期卒塾生いわく
(もう40歳になっとりますがな)、
「先生、穏やかになりはりましたね~」

56歳でっせ。
丸くもなりますって。
なれへんかったら、
それはそれでおかしいし・・・

それで、子どもさんの思考パターンに
寄り添うということについて、
それでは甘やかすことにならないのかと
問われる方もいらっしゃるでしょうが、

甘やかすのと
子どもに最も身近な大人が
その的確な判断で
子どもの意思を尊重するのとは
似ても似つかないものです。

今日、ZOOM授業をしていて
「この子は、どのような
脳タイプの子なのだろう」と
その子の言動を観ていて
考えさせられたのです。

音読は大切だと思うことに
異論はありません。

ただ、「みんなが言うてるんやから
アンタもやりなはれ」ではね・・・。

そういう意味で、
音読するタイミングを推し量るのは
簡単なようで難しいもんやなと、
新しい気づきがあったと同時に、
研究課題ができたなという
思いでいます。

これも塾長の宿題です。
 塾からのメッセージ
①「成績のことはもちろん大事なんやけど、うちの子のこと、もっと分かってしっかり見てくれる塾ないんかな」と お悩みのお母さんお父さんのご相談をお伺いし、その後お子様も交えて、懇切丁寧にお答えします。なお体験受講および入塾は、その後にゆっくりとお考え下さい。

② 大手の個別指導塾にお子さんを通わせる親御様へ
 最近では次のようなお声をいただき、ご相談を承ることが増えています。

* どんどんオプションを取らされてこまっています。
* 先生不足で曜日に対応してくれません。
* 講師が何度も変わって困ります。
* 質問しにくい雰囲気があり
  指導して欲しいポイントを分かってくれません。
* 帰国子女の国語の細かい対応をしてもらえません。

③ おかげさまで、とくにアメーバブログをご縁に遠隔地からのご相談も承るようになって参りましたので、「ZOOMオンライン授業」を開始しました。

 いきなり始めるのではなく、次のような手順を踏み、ご納得とご安心をいただきながら、コンピュータやタブレットを介して遠隔授業をおこなっております。

① Messenger・Line・gmail または Yahoo mail などを通じ、時間をかけて(1か月から3か月)、さまざまな情報の交換をさせていただきます。なお、Skype や ZOOM のご経験をお持ちの場合は、接続をお願いし、ご相談を承っております。

② まず親御様にご納得ご安心いただけましたら、ZOOMオンラインを接続し、親子ご同伴でお話をして情報の交換を致します。

③ その後、特に子どもさんがご納得なさいましたら、体験授業へと進めます。

④ 体験授業後、継続のご希望を確認の上で、本格的なオンライン授業を開始します。

なお、この「ZOOMオンライン授業」ですが、地域の通塾生で、たとえば、時間調整の難しいアスリート系のお子さんにも、お役に立っています。
 MAP
料金体系
① 《小学生の普通コースですが、ここまで指導します》
1週間に1回60分で週2回・【国語と算数】(授業料:月12,000円)

② 《小学生からの数学・英語へのアプローチ》
こんな方法で【普通の】小学生から国立大学をねらっています
1回90分で週2回~【国語と算数】(授業料:月20,000円~)

③ 中学生《5科目合計450点以上を目指すコース》
  1回90分・週3回・・・・・・月30,000円
  1回90分・週4回/1回120分・週3回・・・・・・月35,000円
  1回120分・週4回・・・・・・月40,000円
  フリー・・・・・・月50,000円

④ 《中学生標準コース(それでも5科目合計350点から上を目指したい)》
  1回90分・週3回・・・・・・月25,000円

⑤ アスリート・コース
  1回90分~120分・週1回より・・・・・・月10,000円から

※ 入塾金は一家族様15,000円です。

※ 土曜日は基本的に予備日です。自習OK。(無料)
この土曜日(予備日)の自習は各コースを受講する生徒が有する権限ですので、自習のみの受け入れは出来ません(コースによって時間制限があります)。

※ 定期考査10日前から終了前日までは、コースの別なく学習曜日と時間はフリーになります
  (この期間の授業料については追加請求致しません)。
  平日:午後4時~午10時
  土日・祝日:午前10時~午後1時・午後4時~午後10時
※ 体験入塾・・・2週間5,000円(入塾時には入塾金または授業料に充当します)


スーパー飛び級特進コース
委細はご相談下さい。

入塾金は一家族様20,000円です。

小学生・算数D・国語T(第1ステージ)
:1回90分・週3回より・・・・・・25,000円より

小学生・算数T・国語N(第2ステージ)
:1回90分・週3回より・・・・・・25,000円より
当塾で受験可能な検定
実用英語技能検定 日本漢字能力検定 実用数学技能検定 日本語検定